プログラミング

【神】CodeVillage(コードビレッジ)の評判・口コミを徹底調査!受講生のリアルな体験談!

この記事でわかること
  • Code Villageの詳しい情報
  • Code Villageのリアルな評判
  • どんな人にCode Villageがおすすめか

Code Village 公式ページ

最近はフリーランスや、テレワーク、在宅ワークといった個人の生活に柔軟に対応できる働き方が注目されています。そしてプログラミングもそういった働き方が実現できる分野の一つです。そのプログラミング関連の中でも、今最も注目を集めているのが、「フロントエンド」と呼ばれる、主にWebページの開発などを行う分野のプログラミングになります。今回ご紹介するCode Villageはフロントエンドに特化したスクールになります。その実際の評判と、詳しい情報をまとめました。

Code Villageってどんなところ?

 CodeVillageはフロントエンドに特化したスクールで、主にWebサイトの開発に役立つスキルを学ぶことができます。早速、Code Villageの特徴からみていきましょう。

Code Villageの特徴・概要

 Code Villageの特徴としてあげられるポイントは以下の4点になります。

  • Java Scriptを専門に学べる
  • 少人数で学べる
  • オンラインでも質問できる
  • 入校条件が厳しい

Java Scriptを専門に学べる

 Code Villageでは、Java Scriptというプログラミング言語を専門的に学ぶことができます。逆に、Java Script以外の言語はメインで学習することはできません。(HTMLやCSSはマークアップ言語として事前学習で自分で学習することになります)Java Scriptはフロントエンドのプログラミング言語としてかなり人気の高い言語ですが、実際にJava Scriotを専門で学ぶことができるプログラミングスクールはほとんど存在しません。一方で、Code VillageではむしろJava Scriptのみを学習言語としているので、他のスクールに通っているプログラマーと差をつけたい方にとってはかなりおすすめのプログラミングスクールです。

少人数で学べる

 Code Villageの通学コースでは、教室で学習する人数を10人に制限しているため、かなりの少人数でプログラミングを学習することができます。プログラマーの需要が急増したことにより、日本でもかなりの数のプログラミングスクールが乱立していますが、これほどまでに人数を限定したスクールはそう多くありません。少人数で学ぶことで、講師も受講生の学習進度や、理解度をより正確に把握することができるため、丁寧で質の高いサービスを受けらると考えられます。

オンラインでも質問できる

 Code Villageでは、教室で学習している時以外(自宅での自宅学習など)の際に、わからない点や、自分で解決困難な問題に当たった際に、オンラインのSlackを通じて講師に質問することが可能です。プログラミングの自主学習をしていても、オンラインで講師に質問することができるので勉強が全く進まなくなったり、途中で挫折したりする心配がありません。

入校条件が厳しい

 Code Villageでは入校条件として以下のようなものを設定しています。

  • 基礎的なHPを作成できること

Code Villageでは入校前に事前課題としてHTMLやCSSなどのマークアップ言語を学習し、簡易なHPを自分の力でプログラム構築できなければ、入校できません。単純に生徒をたくさん入校させたいプログラミングスクールと違い、受講生本人のやる気をはかるとともに、事前に基本的なプログラミングのことを予習させておくことで、効率的にレベルの高いプログラミングスキルを学習することが可能になります。

Code Villageの学習

 上記でCode Villageの主な特徴をご紹介したので、ここではCode Villageでの学習はどういったものなのか詳しくみていきましょう。まずはCode Villageでの学習カリキュラムとその流れからご紹介したいと思います。

学習内容(流れ)

 Code Villageでのプログラミング学習は、主に大きく分けて2つのパートが存在します。

  • 事前学習
  • 授業
事前学習

 上記の特徴でもご紹介しましたが、Code Villageではまずはじめに事前学習としてプログラミングの基礎を学習します。具体的な学習内容としては以下の通りです。

【基礎】

  • Lesson1 HTML基礎
  • Lesson2 CSS基礎
  • Lesson3 構造の理解、デザイン基礎
  • Lesson4 実践サイト制作(ヘッダー編)
  • Lesson5 実践サイト制作(アイキャッチ編)
  • Lesson6 実践サイト制作(擬似クラス・共通分の記述理解編)
  • Lesson7 実践サイト制作(プロパティ応用編)
  • Lesson8 実践サイト制作(font awesome編)
  • Lesson9 実践サイト制作(配置や値の指定方法応用編)
  • Lesson10 実践サイト制作(アクセス・フッター編)

【応用】

  • Lesson11 sassの概要理解・レスポンシブデザインの概要理解1
  • Lesson12 sassの実際の使用方法の理解
  • Lesson13 reset.cssの理解・レスポンシブデザインの概要理解2
  • Lesson14 実践コーディング1
  • Lesson15 実践コーディング2
  • Lesson16 実践コーディング3
  • Lesson17 実践コーディング4
  • Lesson18 実践コーディング5

【実践】

  • マークアップチャレンジ(5回)

Code Villageより引用)

上記をみていただけるとお分かりになるかもしれませんが、かなりの量のプログラミングスキルを入校する前から学習する必要があります。この量のコンテンツを学習したのちには、それなりの見栄えのHPの作成ぐらいはできるようになっています。ネット上の口コミでも、入校する前からこの事前学習で学んだことを使って、他の人のHPを改良してあげたといった声もあったほどです。Code Villageは確かに高いレベルのフロントエンドのスキルが身につきますが、そのためにはまずはこの過酷な事前課題を自力で乗り越える必要があります。

授業

 無事に事前学習を終えるといよいよCode Villageでの授業です。実際に授業で取り扱う内容としては以下の通りです。

  • Lesson1 ガイダンス:JSの技術の全体像の説明 + Git
  • Lesson2 マークアップ:マークアップ基礎力養成+事前学習定着度確認
  • Lesson3 Java Script 基礎⑴:変数・数値とリテラル・文字列処理・配列
  • Lesson4 Java Script 基礎⑵:条件分岐・ループ・関数
  • Lesson5 JavaScript 応用⑴:基本的なデータ構造・JSON
  • Lesson6 JavaScript 応用⑵:関数型プログラミングの概略・高階関数(関数を受け取る関数)
  • Lesson7 JavaScript 総括:オブジェクト指向プログラミング
  • Lesson8 DOM①:DOMの基礎・HTTPサーバ・C/Sモデル・ドメインとURL
  • Lesson9 DOM②:DOMのAPI
  • Lesson10 React 基礎①:ライブラリとは・フレームワークとは・React
  • Lesson11 React 基礎②:Component
  • Lesson12 React 基礎③:Props, States
  • Lesson13 React 応用①:HTTPサーバ・C/Sモデル・ドメインとURL
  • Lesson14 React 応用②:静的Webサイトホストによるホスティング
  • Lesson15 チーム開発の心得①:NPM/Yarn・パッケージマネージャ
  • Lesson16 チーム開発の心得②:Git (CUI) + GitHub (ITS, wiki)
  • Lesson17 チーム開発の心得③:ソフトウェアアーキテクチャ(PoEEE, DDD)
  • Lesson18 チーム開発の心得④:CI/CD, ビルド環境, ツールチェーン

Code Villageより引用)

 ここで注目したいのは「Lesson10」で学び始めるReactです。このReactというものは現在フロントエンジニアの中でも注目されていて、今後Reactを扱えるエンジニアの需要は非常に伸びると予想されています。そういったエンジニアとしての市場価値を高めることができるスキルをCode Villageでは学ぶことができます。

 また、カリキュラムをご覧になるとお分かりになるかと思いますが、Code Villageではあらかじめ学習するカリキュラムを一般に事細かく後悔しています。これだけ詳しくm何を学習するのか掲載しているプログラミングスクールはかなり稀です。それだけ、質の高いカリキュラムという自信の表れではないでしょうか。

受講形式

 続いてはCode Villageでの学習形式ですが大きく分けて以下の2つにスタイルが存在するようです。

  • 通学・授業型
  • オンライン型
通学・授業型

 こちらのタイプは実際にCode Villageのある教室に通うタイプの授業になります。ですので、東京の池袋に通える範囲に住んでいる方が主に利用できる学習スタイルになります。上記の特徴でもご紹介した通り、少人数制を使用しているので、講師にもかなり質問しやすい環境となっています。

オンライン型

 Code Villageでは通学型の学習だけでなく、オンラインでの学習にも対応しているようです。通学型と異なる点は、講師と一対一で授業をしてもらえるという点です。その代わりに、肩を並べて一緒に学習する仲間はいないのですが、講師を独り占めできるというのはかなりのメリットではないかと思われます。

以上がCode Villageでの学習関連の詳しい情報になります。

※現在Code Villageの公式サイトを確認すると「オンライン」のコースしか見当たりません。ここからは推測になりますが、新型コロナウイルス の影響を受け、感染拡大防止の観点よりオンラインのみに切り替えたのではないかと思われます。

Code Villageのコースと料金

 ここではCode Villageのコースと料金について詳しくご紹介したいと思います。Code Villageには以下2つのコースが存在します。(※2020/06/27時点ではオンラインコースのみ)また、カリキュラムの内容自体はどちらのコースを選択しても変わりはありません。

  • 通学コース
  • オンラインコース

通学コース

 こちらのコースは、少人数で東京の池袋にあるCode Villageのスクールに通う必要のあるコースになります。オンラインコースとの違いとしては、通学して少人数の中で勉強するので、講師とマンツーマンで学べるわけではないという点です。(タイミングによっては生徒の人数と講師の人数が同じになり、実質マンツーマンになることはあるようです。)

料金

  • 3ヶ月:385,000(税込)

主なコースの内容

  • マークアップ言語
  • Java Scriptに基礎
  • Java Scriptの応用
  • ReactによるSPA開発
  • チーム開発

オンラインコース

 オンラインコースでは、ネット環境さえ整っていればどこに住んでいても学習可能なコースです。主に週に一回オンライン授業があり、講師と一対一でプログラミングについて学習することが可能です。

料金

  • 440,000円(税込)

主なコースの内容

 学習カリキュラムは、通学コースと同様の内容となっていますので、そちらをご参考ください。通学コースと異なる点は、通学コースが少人数なのに対し、オンライン学習の際は一対一で講師と学習を進めていく点になります。

 

以上がCode Villageのコースと料金の詳しい情報です。

Code Villageの講師(メンター)について

 プログラミングスクールに通う場合と、独学で勉強する場合の一番大きな違いは、「質問できる人が居るか居ないか」だと思います。そこでここでは、Code Villageの講師について詳しくみていきたいと思います。

 Code Villageでは主に少人数制の授業を採用しているとご紹介した通り、8人の生徒に対し、メインの講師1人、サポートの講師1人という体制になっています。講師の主な役割としては、コーディング中わからないところがあったら生徒が手をあげて、そこの質問を解決しにいくと言ったものです。また、オンラインコース(オンライン学習に関しても同様)に関しては10:00~18:00まで質問受付を行っており、基本的には24時間で回答をもらえるようです。

 Code Villageの講師は現在(2020年5月時点)4人いらっしゃるようで、元エンジニアの方や、大学生のインターンの方などがいらっしゃるようです。大手のプログラミングスクールとは違い、現役の現場最先端で働いているエンジニアの方が講師ではありませんが、教えることに関してかなり優秀な人材を揃えているようです。また、今後はそのような現役エンジニアの方も雇い入れる予定で、講師じんはさらな増えていく模様です。全体的に、若い世代の講師で、受講生のわからないところや、引っかかるポイントなどをスムーズに理解してくれる講師陣のようです。

Code Villageのメリット・デメリット

 ここでは、Code Villageで学習するメリット・デメリットをご紹介していきたいと思います。早速、メリットから見ていきましょう。

Code Villageのメリット

 Code Villageで学習するメリットは、主に以下の5点が挙げられます。

  • フロントエンドスキルに特化した学習
  • 専属講師がいる
  • チーム開発の経験がつめる
  • 課題で理解度チェックができる
  • オンラインコースも

フロントエンドスキルに特化した学習

 Code Village最大の特徴として挙げられるのは、やはりフロントエンド・Java Scriptに特化したプログラミングスクールであるという点です。Java Script自体を学ぶことができるプログラミングスクールは、いくつかありますが注目したいのは「React」を使うというところです。このReactは現在人気が出てきていて、YahooやFacebookなどにも利用されている最新のスキルになります。そして、今後はReactを使用できるフロントエンジニアの需要はかなり伸びてくると言われており、Code Villageではそうした最新かつ将来性のあるフロントエンジニアスキルを身につけることが可能です。

専属講師がいる

 Code Villageでは受講生それぞれに専属のメンターが配属されます。受講生の学習進度や、モチベーションのサポートなどを行ってくれるので、丁寧で質の高いサポートを期待できます。

 加えて、Code Villageではキャリアサポートも行っているので、就職や転職はもちろん、インターンシップやフリーランスを目指している方向けに案件の受注方法などもアドバイスをもらうことが可能です。こうした、様々なサポートを受けることができるのは間違いなくCode Villageで学習するメリットと言えるのではないでしょうか。

チーム開発の経験がつめる

 Code Villageのカリキュラムの中にはチーム開発を学ぶことができるコースが存在します。チーム開発の経験を積むメリットは、より実戦に近い経験を積むことができるというところがポイントになります。エンジニアと聞くと、一人で黙々とプログラムを構築しているイメージがあるかもしれませんが、実際には数人でグループを組んで一つのプロジェクトに取り組むことがほとんどです。そうしたチームでの開発に経験の有無というものは、実際に現部ではかなりのアドバンテージになります。Code Villageではそのような実戦的な経験を積むことができるので、その点がメリットになります。

課題で理解度チェックができる

 Code Villageには授業毎に毎回小テストを行うため、その授業で学習したスキルが定着しているのか、客観的にチェックを行うことが可能です。これは実は受講生にとってかなりのメリットになります。毎回テストを行うことで、インプットした内容をアウトプットすることが可能で、学習の効率がかなり高くなります。意外と他のプログラミングスクールでは、こうした細々としたテストを実施するところが少なく、最後のまとめ(ポートフォリオ作成など)でいきなり全部記憶を引き出さなければならないと言った場合もよくあります。さらに酷い場合は、スクールを卒業したけど、結局何ができるようになったのかよくわからないと言ったケースもたまに存在するようです。しかし、Code Villageでは毎回のテストを実施するので、授業毎に自分が何ができるようになり、何が不足しているのかはっきりさせることができます。

オンラインコースも

 Code Villageではオンラインコースも解説しているため、東京の池袋に通うことができないといった方でも、Code Villageでプログラミングを学習することが可能です。やはりこれは、地方に住んでいる方にとっては大きなメリットではないでしょうか。現在の日本では、プログラマーの求人は首都圏や大阪などの都市に集中しており、自然とプログラマーを育成するプログラミングスクールもそういったエリアに集中してしまっています。地方に住んでいて、自分の興味を持ったプログラミングスクールを見つけても通学できないから諦めるといった話はよく耳にします。その点Code Villageはオンラインで学習できるため、どこに住んでいてもネット環境さえあれば学習できます。

 

 以上がCode Villageで学習する際のメリットになります。続いては、デメリットを見てみましょう。

 

Code Villageのデメリット

 Code Villageでプログラミングを学習するデメリットは以下の3点が挙げられます。

  • 料金が高い
  • バックエンドには向かない
  • 事前課題が難しいと感じる人も

料金が高い

 Code Villageのデメリットをまず最初に挙げるならばコストがそれなりにかかるというところです。実際のCode Villageの受講料は以下のようになっています。

  • 通学コース:385,000円
  • オンラインコース:440,000円

 約40万というコストは、決して安いと言えるものではありません。社会人の方であればなんとかなるかもしれませんが、大学生などはかなりのダメージを受けます。誰にでも受講しやすい価格ではない点はCode Villageのデメリットです。

バックエンドには向かない

 プログラミングには「フロントエンド」「バックエンド」が存在し、Code Villageではフロントエンドに特化したスキルを学ぶことになります。ですので、いわゆるユーザーの目には見えない部分「バックエンド」を専門に開発したい方にはあまり欲しいスキルを学習できないといったデメリットがあります。

事前課題が難しいと感じる人も

 冒頭でもご紹介しましたが、Code Villageでは入校前にかなりの量とレベルの事前課題をこなさなければなりません。もちろん、受講生それぞれのレベルに合わせてサポートは期待できるようですが、それでもかなりきびい事前課題であることには間違いありません。それだけ大変な事前課題を乗り越えてきた受講生だからこそ、質の高いプログラミングスキルを身につけることができるかもしれませんが、未経験者にはかなりハードルが高く感じられます。やる気はあっても、事前課題が全くわからなくて挫折、といったことが起こりうる可能性が高いため、デメリットとしてご紹介させていただきました。

 

 以上が、Code Villageでプログラミングを学習するメリット・デメリットになります。Code Village全般としては、Code Village独自の特徴であるJaca Scrip・React特化である点や、少人数制の質の高い指導が受けられることを考えると、多少高いコストにも見合ったプログラミングスクールであると言えるのではないでしょうか。

Code Villageの評判・口コミ

 いよいよCode Villageのリアルな口コミをご紹介していきたいと思います。ネット上で「Code Village評判」と検索すると、「最悪?」や「評判ヤバすぎ」など、一見身構えてしまうような見出しがたくさんあります。そこで今回は、シンプルにCode Villageに関してよく見かける口コミだけをまとめました。良い口コミだけでなく、悪い口コミも調査したので両方の側面からCode Villageの実態を知ることができます。早速良い評判から見ていきましょう。

Code Villageの良い評判・口コミ

 Code Villageの良い評判は主に以下の4つにまとめられました。

  • 少人数制が良い
  • 志の高い学習仲間
  • 実際の案件に近い経験がつめる
  • 仕事をしながら学べる

少人数制が良い

 多くのプログラミングスクールが、集団授業で大量の受講生の中の一人として学ぶか、完全個別指導で一対一に学ぶかに分かれるのですが、Code Villageはあえて少人数という両者の間を採用しているようですね。たくさんの受講生の中では、質問しにくいと感じる方でもCode Villageであれば、満足に質問やプログラミング学習ができるかもしれません。

志の高い学習仲間

Code Villageで受講している受講生は皆、あの過酷な事前課題を乗り越えてきた方達です。あの事前課題は、なんかプログラミングやってたかったから、スクールに入ったなどという半端な気持ちでは乗り越えることが難しいです。Code Villageにはそうした厳しい課題を乗り越えられるほどのしっかりとした志を持った受講生が集まっています。

実際の案件に近い経験がつめる

Code Villageでは実際にWebサイトをプログラムしたり、チーム開発を行うなど、よりエンジニアとしての実務に近い経験を積むことができます。こうした経験を早めに積めることで、実務でも効率よく仕事を進めることができ、新しいスキルの習得などにも役に立ちます。

仕事をしながら学べる

Code Villageは毎日通学しなければいけないわけではないので、(通学コース)仕事をしながらであっても、プログラミングを学習することができます。また、オンラインコースであれば、授業の時間さえ予定を開ければ、どこにいても学習することが可能です。

 以上が、CodeVillageの主な良い評判でした。続いては、悪い評判を見てみましょう。

Code Villageの悪い評判・口コミ

 Code Villageに関する悪い評判はあまり存在しなかったのですが、強いていうならば以下の2点が発見できました。

  • 料金が高い
  • 言い方がきつい講師も?

料金が高い

Code Villageの受講料は約40万円とかなり高額です。確かにエンジニアとして働く頃ができれば、それほど回収に時間のかかる額ではありませんが、学生などであればかなり身構えてしまう金額であることには間違いありません。コストがかかりすぎるという口コミは、それなりの数上がっているようです。

言い方がきつい講師も?

こちらは他に同じような悪評を見かけたわけではありませんので、不確かな口コミですが受講生の中には厳しい口調で指導する講師に関して苦手意識を持っている方もいるようです。講師もやはり人ですから、相性というものはあるのかもしれませんね。

 

 以上が、Code Villageの良い評判と悪い評判です。総評としては、圧倒数良い口コミが多い印象を受けました。事前課題がそもそも過酷ですので、その時点で合わない人が振り分けられていることも関係しているのではないかと思います。

Code Villageに向いている人・向いていない人

 上記までで、Code Villageの詳しい情報や、メリット・デメリット、口コミなどをご紹介してきましたが、ここではそれらの情報を元に、Code Villageでの学習に向いている人・向いていない人の特徴を具体的にまとめていきたいと思います。早速、向いている人の特徴から見ていきましょう。

Code Villageに向いている人

 Code Villageでの学習に向いている人の特徴は以下の3点になります。

  • フロントエンドに関するプログラミングを学びたい
  • 比較的案件の多いスキルを身に付けたい
  • 少人数の学習仲間と学びたい人

フロントエンドに関するプログラミングを学びたい

 上記で何度もご紹介していますが、Code Villageはフロントエンジニア向けのスキルに特化したプログラミングスクールです。Java ScriptやReactをマスターしてフロントエンジニアとして優秀なスキルを手に入れたい方には真っ先におすすめします。Code Villageは事前学習の段階で、高い意欲と学習スキルが求められるため、本気でフロントエンジニアとして活躍を目指す方にはうってつけのプログラミングスクールです。

比較的案件の多いスキルを身に付けたい

 こちらも上記の「フロントエンジニアになりたい」に類似する項目ですが、現在日本でプログラマーとしてフリーランスを目指す方や、在宅ワークなどで案件をプログラミングの案件を取ろうと考えている方は、Code Villageで身につくスキルがおすすめです。Code Villageでは、フロントエンド、つまりユーザーの目に見えるWebページの開発ができるスキルを身につけることができます。クラウドソーシングサイトなどで案件を取得する際も、こうしたWebサイト関連の案件は非常にたくさんあります。案件数の多いスキルを身に付けたい方には、Code Villageでの学習がおすすめです。

少人数の学習仲間と学びたい人

 大人数の中学習するのは苦手だけど、だからと言って1対1や独学は無理という方でも、Code Villageなら納得行く学習ができるかもしれません。Code Villageは少人数制の授業を採用しており、程よい人数の学習仲間と切磋琢磨しながら、講師にも質問しやすいといったようなバランスの良いスクールです。他のスクールの体験で合わないと感じた人でも、Code Villageであればうまく学習できるかもしれません。

 

以上がCode Villageでの学習に向いている人の特徴でした。一つでも多く当てはまる方は、Code Villageでの学習を検討して見てはいかがでしょうか。

Code Villageに向いていない人

 続いては、Code Villageでの学習に不向きな人の特徴をご紹介したいと思います。以下の2点に当てはまる方は、1度受講を考え直した方が良いかもしれません。

  • 全部手取り足取り教えて欲しい人
  • 事前課題が困難な人

全部手取り足取り教えて欲しい人

 Code Villageでは講師がプログラミング学習のサポートをしてくれますが、それはあくまで「サポート」であり、隅々まで手取り足取り教えてくれるわけではありません。極端な表現で言うならば、講師は基本的に質問に答えるための講師であり、自主的に学ぶkじょとができない方は、いつまでたっても先に進むことはできません。「スクール」と言う名前がついているので、義務教育や高校の生徒時代を想像されるかもしれませんが、あれとは全く異なります。完全に授業スタイルで、スクールに進度を管理してほしいと言う方にはCode Villageは不向きと言えます。

事前課題が困難な人

 この項目は、どちらかと言うと受講条件を満たさないので、向き不向きと言うよりは受講難易度が合っていない場合が多いです。Code Villageでは入校する前に事前課題を渡されるのですがその量とレベルがかなり厳しいです。具体的には、事前課題を学習し終えた頃には、簡単なWebサイトは自分でプログラムできるレベルまでに成長することができます。逆に、この事前課題が全くもって太刀打ちできないと言う方は入校することができません。プログラミングの基礎の部分にはなるのですが、そのパートからスクールで教えてもらいたいと言う方にはCode Villageはあまりおすすめできません。不安な方は、Code Villageで事前課題の体験ができるので、ぜひ一度ご確認ください。

 

 以上が、Code Villageに向いている人・向いていない人の特徴になります。本気度の高いスクールですので、入校する前からかなりのやる気が必要になってきます。逆に、なんとなくプログラミングをやってみたいという方にはコストの面も含めて、あまりおすすめはできません。

Code Villageを卒業した後

 ここでは、Code Villageを卒業後はどういった選択ができるのかご紹介したいと思います。主に、Code Villageでプログラミングスキルを身に付けた後は次のような進路を選択することができます。

  • フロントエンジニア
  • Webデザイナー
  • キャリアサポートもある(フリーランスなども)

インターネットなどの通信業界は日々進化しているので、今までのような単純なWebサイトが構築できるだけではエンジニアとしての将来が不安です。Code Villageでスキルを学ぶとフロントエンジニアとして価値の高いプログラマーにもなれますし、Webデザイナーの中でもハイレベルWebデザイナーという市場価値の高い人材になることも可能です。また、Code Villageでは就職先や転職先の縛りがないので、フリーランスとして独立することもできます。Code Villageにはキャリアサポートもあるので、プログラミングスキルを学んだ後の進路に関しても詳しく相談・サポートしてもらうことができます。

Code Villageと他のプログラミングスクール比較

 ここではCode Village以外のおすすめのプログラミングスクールも少しだけご紹介したいと思います。他のスクールと比較することで、本当にCode Villageが自分には合っているのかより客観的に判断できるのではないかと思います。

通学型

通学型のプログラミングスクールでおすすめなのは以下の3つです。

  • TECH CAMP
  • DIVE INTO CODE
  • DMM WebCamp

TECH CAMP

料金
  • 12,800円/月〜(選択するコースによって異なります)
主な特徴

 TECH CAMPは質の高いオリジナル教材を使用して、プログラミングを学べるといった特徴があります。また、未経験からプログラマーとしての転職するためのコースも存在します。

TECH CAMP 公式ページ

DIVE INTO CODE

料金
  • 入学金100,000円〜
  • コース料金327,800円〜                 

(選択するコースによって異なります)

主な特徴

 DIVE INTO CODEは比較的長い時間をかけて(6ヶ月もしくは10ヶ月)プログラミングを学ぶことができるスクールとして有名です。事前テストによって選別しているため、受講生の質が高いという評判もあります。DIVE INTO CODEに関してはこちらの記事で詳しい情報をまとめていますので、興味のある方はぜひ一度ご覧ください。

DIVE INTO CODE 公式ページ

DMM WebCamp

料金
  • 15,500円/月〜(選択するコースによります)

DMM WebCampは条件を満たせば給付金を支援してもらいながら学習することが可能です。

主な特徴

 DMM WebCampはプログラマーとして転職したい方向けのプログラミングスクールです。その知名度はやはり、プログラマーとして転職を考えたことのある人であれば聞いたことのない方はほとんどいないと思われます。料金に関しては少し高いというデメリットがありますが、転職をゴールに考えてきた場合にはかなりおすすめのスクールです。DMM WebCampに関してはこちらの記事で詳しい情報をまとめていますので、興味のある方はぜひ一度ご覧ください。

DMM WebCamp 公式ページ

オンライン型

 続いては、おすすめのオンラインプログラミングスクールをご紹介します。以下の3つになります。

  • ポテパンキャンプ
  • TechAcademy
  • CodeCamp

ポテパンキャンプ

料金
  • ポテパンキャンプ経由で転職すると無料
主な特徴

 ポテパンキャンプはRuby on Railsを学ぶことができるプログラミングスクールとして有名です。Rubyを学習すると、Web系企業で就職することができる可能性が高くなるので、そういった企業に転職したい方にはおすすめのプログラミングスクールとなっています。

ポテパンキャンプ 公式ページ

TechAcademy

料金
  • 4週間 139,000円〜(選択する学習期間によって異なります)
主な特徴

 TechAcademyはオンラインプログラミングスクールであるのにも関わらず、かなりハイレベルなプログラミングスキルを身に付けられることで有名です。また、選択できるコースも、プログラミング系のコースだけでも19コースあり、かなり豊富なラインナップです。TechAcademyに関してはこちらの記事で詳しい情報をまとめていますので、興味のある方はぜひ一度ご覧ください。

TechAcademy 公式ページ

CodeCamp

料金
  • 2ヶ月 178,000円〜(プランやコースによって変わります)
主な特徴

 CodeCampは上記のTechAcademyとよく比較されるプログラミングスクールです。TechAcademyが深いレベルまで学ぶスクールだとすれば、CodeCampは基礎から確実に固めていくタイプのプログラミングスクールです。授業毎に講師を選択できるのもCodeCampの特徴です。

Cpde Camp 公式ページ

Code Villageについてよくある質問・回答

 続いては、Code Villageに関してよくある質問とその回答を簡潔にまとめました。以下がその質問になります。

  • どんなことが学べるスクール?
  • デメリットは?
  • 評判は総合的にどう?
  • 料金は?

どんなことが学べるスクール?

 Code Villageでは主にJava Scriptを使用した、フロントエンドのプログラミングスキルを学習することができます。

デメリットは?

 フロントエンド特化のプログラミングスクールのため、バックエンドスキルを学びたい方には不向きという点です。

評判は総合的にどう?

 難しい事前課題を突破してきた、優秀な受講生からの評判としては良い評判が

圧倒的に多いスクールとなっています。

料金は?

 Code Villageの料金は、以下のようになっています。

  • 通学コース 3ヶ月:385,000(税込)
  • オンラインコース 440,000円(税込)

Code Villageの申し込み手順

 ここまでCode Villageについてご紹介してきましたが、受講を決心したという方は、以下の手順でCode Villageでの受講申し込みを行うことができます。

  1. Code Village公式HPで無料カウンセリングに申し込む
  2. 必要事項入力

 まずはじめにCode Villageの公式HPで無料カウンセリングに申し込むため、以下の5つの必要事項を入力します。

  • 名前
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • カウンセリング希望日(第1~第3希望日まで)
  • その他・備考

そして、無料カウンセリングで受講することを伝えれば申請の手続きを行うことになります。

Code Villageのアクセス

 ここでは、Code Villageの池袋教室までのアクセスを簡単にご紹介したいと思います。

住所:〒171-0022 東京都豊島区南池袋2丁目46−17

最寄駅:東池袋駅

Code Villageの無料カウンセリングはコチラ!

 ここまで沢山Code Villageに関してご紹介してきましたが、さらに興味を持たれた方や、疑問に思うことが出てきた方もいらっしゃると思います。そういった方は、ぜひ一度Code Villageの無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。以下のリンクから、公式HPにて参加申し込みをすることができます。