転職

【評判・口コミ】dodaは登録すべき?悪い評判は本当?元エージェントが解説!

近頃では本当に転職する人が多いですよね。
ただ、いざ自分も転職したい!と思ってみても、何から始めたらいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。
そういった初心者の方を転職に導いてくれるサービスとして転職エージェントが人気です。
その中でも最大手といっても過言ではないのが、【doda】ですね。よくCMも見かけますよね。
そんなdodaの評判をネットで調べると悪評もたくさんでてきます。
そこでこの記事では元転職エージェントであった筆者がdodaは利用すべきエージェントであるかを徹底解説します。

結論を言ってしまうと基本的に、dodaはマストで利用すべきですよ。
その理由を詳しく説明していきます。

dodaとは?

dodaという転職サービス自体を全く聞いたことのない方は少ないのではないでしょうか。かなりCM等の宣伝に力を入れているので、よく見聞きする名前だと思います。個人的に深田恭子さんはかなり好きですので、dodaのCMが流れるとついつい見てしまいます。

ただ、転職を初めて考え始めた方からするとdodaのサービスが具体的にどいったものか、知らない方もいるのではないでしょうか。
dodaは正確に言うと、転職サイトと転職エージェントのサービスが合体したものになります。ただ、圧倒的に転職エージェントとしての比重が大きいので、転職サイトとの違いは後で触れ、基本的には転職エージェントのサービスに絞って説明していきます。

転職エージェントの基本的な利用の流れは、以下の通りです。

登録 → 面談 → 求人の紹介 → 応募 → 面接 → 内定

登録後、まずはエージェントのアドバイザーと面談をして、自分の希望を伝えたり、転職の進め方のアドバイスももらったりします。その後は、アドバイザーから紹介された求人で希望したものに応募していき、選考に通過していけば、内定、転職という流れです。
転職し入社するまで、アドバイザーのサポートが受けられ、すべてのサービスが無料というのが転職エージェントの大きな特徴となります。

その転職エージェントの中でトップクラスの規模を誇るのが、パーソルキャリア株式会社が運営する『doda』です。

dodaの特徴

それでは、業界トップクラスのサービスを誇るdodaの特徴を紹介していきます。

運営会社

まずは、運営会社であるパーソルキャリア株式会社に関して紹介していきます。
2017年まではインテリジェンスという社名でしたので、こちらの方が馴染みのある人もいるかもしれませんね。筆者はいまだにインテと呼んでしまいそうになります。

人材業界のトップといえばリクルート社ですが、パーソルの創業メンバーもリクルート出身者中心です。現在は会社としてかなり大きくなり、リクルートに肩を並べられるくらいになりましたが、社風的にはリクルートに近いところがかなりあります。

わかりやすいところで言えば、リクルートの代名詞的な起業家精神はパーソルにも引き継がれています。簡単に言えば、元社員で企業する方が多いです。有名どころですと、サイバーエージェントの創業者である藤田晋さんはパーソル出身ですね。

現在は多くのM&Aを行ったこともあり、新卒紹介や派遣、アルバイト向けのサービスと多岐にわたる事業を行っていますが、中核事業として転職エージェント事業を中心に成長してきました。新卒業界で価格を破壊を行い成長したマイナビとは少し毛色が違います。

業界内での立ち位置

dodaは、転職エージェント業界内不動の2位に位置しています。1位リクルートエージェントとの差は特筆するほど大きくはなく、3位以下とは大きな差がありますので、この業界は、圧倒的2トップが支配しているという感じです。

具体的に何が違うのかというと、単純に求人の数がその他の会社とは圧倒的に差があります。いくらアドバイザーが丁寧でいい対応をしてくれても、そのエージェントが魅力的な求人を持っていなければ意味がありません。結局、転職において一番大切なことは求人との出会いなので、その選択肢を多くもっているエージェントが強いのです。

ちなみに正確な数はわかりませんが、業界3位以下のエージェントとdodaの持っている求人数は10倍以上の差があると言われています。

転職サイトとエージェントサービスが混在

先ほども少し触れましたが、dodaには他のエージェントサービスと違う特徴があり、それは、転職サイトとエージェントサービスが混在しているサイト構成になっていることです。

転職サイトと転職エージェントの具体例を見ながら違いを説明していきます。

転職サイト

  • リクナビNEXT
  • エン転職
  • マイナビ転職

これらのサービスは新卒用のサイトである、リクナビやマイナビと同じように各企業の求人がたくさん載っているサイトです。こちらのサービスを利用して応募した場合、転職者は直接企業と連絡を取る必要があります。エージェントが間に入らない分、スピーディーに連絡が取れますが、多数応募すると調整が大変だったります。

企業から見るとエージェント経由とは違い、求人広告を掲載した時点で費用が発生しているので、採用熱が高くなる場合が多いです。また基本的にエージェントよりも1人当たりの採用コストは抑えることができますので、どちらも利用している企業からすれば、可能な限り転職サイト経由で採用したいはずです。

転職エージェント

  • リクルートエージェント
  • エン エージェント
  • マイナビエージェント

上記をみてわかる通り、doda以外の大手各社は転職サイトと転職エージェントのサービスを明確に切り離しています。もちろんデータベースは共有していますので、転職サイトに登録した人をエージェントサービスに勧誘するのは各社やっており、ここはdodaと同じになります。

細かいことまでは説明しませんが、転職に自信のないかたはエージェントサービスの利用を利用をオススメします。転職はかなり時間と体力を使いますので、慣れていない方はエージェントのサポートを受けながら進めたほうがいいです。ちなみにエージェントにしか求人を出していない企業も多いですので、併用でもいいですが、エージェントサービスはマストで利用しましょう。

それでは、dodaにおける転職サイトとエージェントのサービスとの見分け方を説明していきますね。

dodaのHPにアクセスしてログインするとオススメ求人が表示されると思いますが、写真付きの社員インタビュー等が載っている求人は転職サイトの求人となります。

また、求人を開いたときに表示される応募ボタンで簡単に見分けることができます。


このように単に『応募する』の場合は転職サイトのサービスです。

このように『(エージェントサービス)』と表示されている求人はエージェントサービスの求人となり、アドバイザーを通さないと応募できません。

ちなみに求人を検索する際に応募方法の項目で設定されます。
こちらの()内の数字が求人数ですので、いかにエージェントサービスの求人の方が多いかがわかりますね。

スカウトサービス

dodaにはスカウトサービスも併設されており、サービスに登録しておくと、企業やヘッドハンターからスカウトが届くことがあります。

正直、dodaのスカウトサービスは自分の志向と合わない企業から大量に届くので、あまり気にしなくてもいいかもしれませんが、まれに「プレミアムオファー」というものが届きます。この「プレミアムオファー」だけは気を付けてみるようにしましょう。

プレミアムオファーは企業の採用担当者が一人一人のレジュメを見て、オファーを送ってきている可能性が高く、もし選考に進めば内定が出る可能性が高いです。

他エージェントとの比較、併用すべきエージェントは?

他エージェントとの比較

dodaは業界第2位の超大手ですよという話をしてきましたが、ここで他のエージェントとの比較をしていきます。

最大手

  • リクルートエージェント

特徴としては、とにかく求人数が多いこと、事務所が多く、地方在住者でも面談に行きやすいことです。基本的なサービス内容も規模もかなりdodaに近いです。

一番大きな違いは基本的に、求人紹介メールがdodaほど大量に来ないことでしょうか。これに関しては後で触れておきますね。リクルートといえば、人材業界のトップオブトップですが、転職エージェントに絞った場合、dodaとの差は無視してよい程度だと思います。

強いて違いをあげるならば、リクルートの方がより地方に強く、dodaの方がよりスカウトサービスは充実しているといったところでしょうか。

中堅(3位グループ)

  • パソナキャリア
  • エン エージェント
  • マイナビ エージェント

これらの企業の特徴は、大手2社には求人数では適わない為、サービスで差別化を図ろうとしていることです。リクルートとdodaは圧倒的な規模ゆえにあまり細かなサービスは期待できません。それに対し、この3社はアドバイザーが時間をかけて丁寧に対応し、よりフィットする求人を紹介することをウリにしています。初心者にとってはこの規模のエージェントを利用することも大切だと思います。

但し、アドバイザーの質というのは、どうしても当たり外れがありますので、イマイチだと思った場合は、担当変更や別のエージェントの利用も考える必要があります。

特化型

  • ワークポート(IT業界)
  • JACリクルートメント(外資・ハイクラス)
  • エムスリーキャリアエージェント(医師)
  • マスメディアン(マスコミ・広告)

これらの企業は、業界に特化することで、差別化を図っています。但し、IT業界は特化型のエージェントが多すぎて、もはやその中で差別化するのは難しいくらいです。大きな特徴は、業界に詳しいアドバイザーがサポートしてくれることです。業界を絞って転職したい場合には利用してみるのもいいですね。

エージェントは併用すべき

上記で紹介した他にも転職エージェントは無数に存在しますので、どのエージェントを利用したら良いか迷ってしまいますよね。どのエージェントを利用するのがオススメかをお話する前に、基本的に本気で転職したい場合は複数の転職エージェントを同時に利用すべきであるということをお伝えしておきます。

理由としては大きく3つあります。

  1. 出会う求人数を増やせる
  2. アドバイザーの質に左右されない
  3. エージェント内での調整が避けられる

①は単純にそれぞれのエージェントが持っている求人が違うからです。各エージェントは企業との関係を強化し、出来れば自分のところだけも持っている独占求人を獲得すべく動いています。よってより多くの求人に出会うためには複数のエージェントに登録するのが良いです。

②はどこのエージェントもアドバイザーの質にばらつきがある為、相性も含め、信頼できる人と一緒に転職活動を進めた方が良いからです。私も経験がありますが、アドバイザーとの信頼関係が築けないとかなりのストレスになります。また、この業界は担当変更も珍しくないので、それを申し出るのも一つの手です。

③に関しては、難しいとことなのですが、エージェントもビジネスですので、より手数料が多くもらえる企業に転職するように調整することがあります。他のエージェントと併用していれば、そういった調整への牽制にもなり、より良い選択がしやすくなります。

マストで利用すべきエージェント

ここまで様々な転職エージェントを紹介してきましたが、結局のところどこを利用すればいいのか迷ってしまいますよね。そこで、元転職エージェントの筆者がズバリ利用すべきエージェントをお話します。
結論から言うと、マストで利用すべきなのは、『doda』と『リクルートエージェント』です。出来るだけ、どちらも利用することをオススメします。余裕がない方は片方だけでも利用するようにしましょう。理由は単純で、転職において一番大切なことは、求人との出会いだからです。どんなにアドバイザーの対応が悪くても、良い求人と出会い、内定をもらえれば関係ありません。

その2つのエージェントを利用した上で、アドバイザーの対応が悪く、面接対策や書類の書き方の指導などが不十分であると思った場合は、中堅エージェントや特化型エージェントを利用するようにしましょう。
それらのエージェントを利用する際に、dodaやリクルートのアドバイザーの対応がイマイチであったことを伝えれば、より丁寧に対応してもらえると思いますよ。
逆に言えば、大手2社のサービスで満足できる場合は、無理して他のエージェントを利用する必要はないです。ただ、自分に適した仕事がわからず、色々な人の意見を聞きたい場合は、利用しても良いと思います。

スカウトサービスも積極的に利用しよう

筆者が友人等から転職の相談を受けた際に、必ず転職エージェントとともに利用をオススメしているのが、スカウトサービスです。
理由は、手間がかからず内定が出る確率が高いからです。なぜ内定が出やすいかというと、スカウトサービスを利用する企業は、能動的に人材を探さなければならず、手間がかかる為、採用意欲を高い企業が多いからです。また、費用の面でもエージェントに比べると採用した際にかかるフィーが安い為、採用されやすくなります。

また、転職者側からすると、スカウトが届いた時点で書類選考通過と考えてよく、選考がスムーズに進めることができます。デメリットとしては、企業と直接調整しなければならないこと、面接対策情報等が得られないことが挙げられます。

よほどハイスペックな方でない限り、魅力的な企業からスカウトがバンバン来ることはないので、エージェントと併用しながら、じっくり待つのが良いと思います。

上記で紹介した通り、dodaにもスカウトサービスはありますが、スカウト経由で転職されるとエージェントの利用手数料が得られない為、そこまで力を入れていません。よってスカウトに特化したサービスを利用すべきと考えます。
具体的には以下の2つのサービスがオススメです。

ビズリーチ

  • スカウト特化型最大手
  • 求職者は簡単な条件を満たせば無料で利用可能
  • 経歴を見られたくない企業をブロックできる

キャリアカーバー

  • リクルートが運営
  • ビズリーチよりも少しハイクラス向け(年収600万円以上推奨)
  • 大企業に強い

dodaのデメリットとメリット

繰り返しになる部分もありますが、ここでdodaを利用するメリットとデメリットを整理して解説していきます。

 dodaのデメリット

対応が雑

やはり一番のデメリットは対応の丁寧さに欠けることだと思います。
もちろんアドバイザーによっても異なりますし、あなたを注力すべき人材だと認識した際には、過剰なくらいのアプローチを受ける場合もあります。
ただ、全体を見たときに、一人のアドバイザーが抱える転職者の数が多く、電話面談の活用も増やしていることから、基本的に一人ひとりへの対応はイマイチであると思います。
基本的にエージェントに対しては我慢しなくて良いので、サービスがイマイチだと感じたらそのまま伝えるといいでしょう。また、担当変更等を申し出てもいいと思います。

メールが異常なくらい来る

dodaの悪評の中で一番多いのはこれではないでしょうか。
dodaを利用したことのある方ならわかると思うのですが、毎日数十通は求人の紹介メールが届きます。システムの詳細は分からないのですが、結構雑にメールを送信する相手を決めていると思われ、全く志向の違う求人や、自分が対象ではない求人もたくさん届きます。
ちなみに設定すれば送られてくるメールを減らすことが出来るのですが、設定がわかり辛く、あまり対応している人は多くないと思います。個人的には、色々な求人がくるので、見ているだけで面白かったりするのですが、普通の人であれば迷惑に感じることのほうが多いでしょう。
フォローするのであれば、それだけ紹介する求人数があるというのは、本当にすごいなあと思います。

スカウトサービスはイマイチ

上記でも少し触れましたが、スカウトサービスの質はイマイチです。(それでもリクルートエージェントよりマシですが。)
そもそも転職エージェントにとってスカウトサービスは競合サービスに当たるので、あまり力を入れ辛いところがあります。対企業向けのPRとしては、効果がありますが、今後もdodaがスカウトサービスに注力していくとは考え辛いです。
ちなみにスカウト自体は毎日かなりの数が届きます。ただ、そのほとんどが個別に送ったものではなく、対象の条件の人に一斉送信しているものです。有名なブラック企業等が面接確約等のうたい文句で送ってきますが、基本的にスルーでいいでしょう。
まれにプレミアムオファーという個別に送るスカウトが来ることがあります。これは、企業があなたの職務経歴を魅力に感じて送ってきているものですので、興味のある企業でしたら、積極的にオファーを受けるといいと思います。

dodaのメリット

求人数がとにかく多い

何度でも繰り返し言いますが、転職において一番大切なことは求人との出会いです。とにかくたくさんの求人と出会うことが大切です。例え、やりたい仕事や行きたい会社がかなり具体的に決まっている場合でも、その条件の中や、それに近い会社の求人と多く出会うことは必ずプラスに働くはずです。
やはり転職の世界では、求人数を多く持っていることが、絶対的有利なのです。私は3度転職していますが、必ずdodaを利用します。正直個人的には、アドバイザーの対応などどうでも良く、いい求人に出会うことだけを考えています。
また、リクルートにも共通しているのですが、自分で求人を自由に探せるのもメリットであると思います。いずれにせよ転職は人生の大きな分岐点ですから、出来るだけ多くの選択肢から選べることに越したことは無いです。

ツールがしっかりしている

ツールが使いやすいこともdodaを利用するメリットだと思います。webサイト、アプリ等さすがにお金をかけて開発されており、機能としては申し分ないです。アプリは少し動きが重い時がありますので、改善して欲しい気もしますが。。
中堅以下のエージェントを利用するとそもそも専用アプリがなく、メールでのやり取りが中心となります。自分で求人を探す機能もなかったり、スケジュール管理等も面倒だったりします。
また、dodaのサービスはLINEで気軽にアドバイザーと連絡が出来るサービスもあり、ツール整備はかなり進んでいて、利用しやすくなっていると思います。

イベントを多く開催している

dodaとリクルートの一番の違いはイベントに注力していることだと思います。通勤の電車等で広告を見たことのある人も多いのではないでしょうか。dodaはおそらく業界で最も転職イベントを開催しています。イベントのメリットは短時間で多くを会社の話を実際に聞けることと、書類選考なしで企業と接点を持てることです。志望する企業を絞り込めていない場合などには、イベントに参加してみるのも良いと思います。
大型のイベントは、dodaのサービスを利用していなくても、イベントには参加できるのですが、小規模のイベントは登録者限定で開催していたりします。転職イベントを開催できる転職エージェントは数少ないので、dodaの特徴であり、大きなメリットであると思います。

dodaの口コミ

dodaの悪い評判・口コミ

Twitterからdodaの悪い口コミをピックアップしましたので、紹介していきます。

どこのエージェントも軽い気持ちで登録するとバンバン電話がかかってきて驚きますが、メールの量はやはりdodaが圧倒的に多いですね。。

マニュアル対応というのは効率的ということです。dodaの規模ですと、効率的に多くの人の対応をしようと考える為、転職者側からすると、あまり気持ちのいいものではなかったりしますね。

個人的にも一番感じるところですが、とにかくdodaは求人紹介のメールが多いです。絶対に皆様の想像を超えてくると思います。朝から夜遅くまで、休日でもメールが来るので、迷惑に感じる人も多いと思います。
ただこちらは設定すれば減らすこともできますので、少し面倒ですが、耐えられないと思った方は、アドバイザーに相談してみるといいかもしれません。間違ってもdodaからのメールすべてをブロックして、重要なメールを見落とさないようにしましょう。

dodaの良い評判・口コミ

やはり規模が大きいということは、それだけノウハウも蓄積されているということです。
企業として持っている情報量が違うというのは紛れもない事実だと思います。幅広い業界に対して強みを持っているのもdodaならではですね。

転職フェア(イベント)に関しての前向きな評判も多く見られました。軽い気持ちで参加して現実を突きつけられたという口コミも見られましたが、それも経験値としては良いのではないしょうか。

やはりレベルの高いアドバイザーも多く在籍しており、ずばり分析してくれたという口コミも見られました。もちろん担当アドバイザーによって、この辺りの評判は180度変わってしまうかもしれませんが、優秀なアドバイザーに出会う可能性は大手の方が高いと思います。

dodaを利用した体験談

少しお話した通り、私は元転職エージェントであると同時に、3度の転職を経験しており、その転職すべてでdodaを利用していました。結果的にdoda経由で転職したのは、1度だけでしたが、実際の体験談をお話したいと思います。
3度の利用で、実際に事務所で面談したのは最初の1回だけでした。後の2回は電話面談で時間としては30分弱程度です。実際に会って面談した際は、その場での求人の紹介を含め1時間を越える時間で対応いただき、初めての転職だったこともあり、色々と説明を受けました。
ただ、他のエージェントと比べるとさらっとしていて、職務経歴書の添削等はほぼ無かったと記憶しています。

何社かdoda経由で応募して面接まで進みましたが、面接後のフォロー等もほとんどなく、他エージェント経由でサクッと転職を決めてしまったこともあり、フェードアウトに近い形で1度目の利用を終えました。

利用した中堅エージェントは、面接が終わる度に連絡してきて、内容と志望度の確認をしてきましたので、違いに驚いた記憶があります。
2度目3度目の利用の際には、転職のこともわかっており、自己分析もできていましたので、電話面談で希望する条件だけ伝えて、オススメの求人があったら紹介して欲しい、後はほっといてくれていいよという感じで対応したので、あまり参考にならないかもしれません。。

それでも、2度目の転職の際のアドバイザーは定期的に連絡をくれて、求人の追加での紹介や志望度の確認をしてくれました。結局この時は、doda経由で応募した企業に行きたかったので、面接が終わるとこちらから連絡して、志望度が高いのでプッシュしてくれと頼むようにしていました。
転職活動終盤では、数字になりそうだと思われたのか、連絡も頻繁になり、対応も丁寧になった気がします。まあこれはエージェントあるあるですね。内部では、かなり数字を達成することにプレッシャーをかけられていますので、上手くいきそうな人に注力するのは自然なことです。

3度目の時は、そこそこの若さで3社経験という経歴の荒れ方が敬遠されたのか、ほぼ放置プレイでした。ひとつ驚いたのは、あまり過去の利用履歴が共有されないのか、2度目も3度目も1から確認されていました。その辺りは改善の余地ありかなと思います。
対応していた感じでは、経験の少ないアドバイザーだったのだと思いますが、こちらから確認しないと選考結果の連絡が来なかったりと、イマイチだなと思うことがちょこちょこありました。ただ、自分で求人を探して、自分で対策してしまえばいいやと思っていたので、別に利用をやめたりはしませんでした。
最終的には、別のサービス経由で転職を決めましたが、dodaを利用する価値はいずれもあったと個人的には感じています。

dodaがオススメな人そうでない人

ここまでで、dodaは基本的にマストで利用すべきサービスという話をしてきましたが、一部向かない人もいますので、オススメな人を整理すると共に、向かない人も紹介していきます。

doda にオススメな人

基本的に大体の人は利用すべき

繰り返しになりますが、転職したい方は基本的にdodaをマストで利用すべきです。転職においてはとにかく多くの求人と出会うようにしましょう。可能な限り、リクルートエージェントとともに、利用すべきです。転職活動を進めながら、他エージェントの利用をメインにしていってもいいと思いますが、まずは利用して損はないと思います。
経験豊富なアドバイザーに出会えれば、かなり切り込んだ分析やアドバイスをもらうことができると思います。人の入れ替わりの激しい業界ですから、どのようなアドバイザーが担当になるかわかりませんが、dodaには優秀なアドバイザーが多いことは間違いないと思います。

転職のことがある程度わかっている人

私のような転職業界に詳しい人、過去に転職経験があり、転職活動のノウハウがある人はとくにdodaを利用するのがオススメです。転職活動のことがある程度分かっていれば、言われなくても利用する気もしますが、そういった方はアドバイザーに細かく指導を受けなくても良いでしょうから、dodaくらいの距離感がちょうど良いのではないでしょうか。
自分で希望の求人が探せる人、自分である程度対策が出来る人は、dodaの利用がオススメです。
そういった方は、転職サイトでエージェントを通さず応募したほうが良いのではと思うかもしれませんが、それなりの規模の会社、年収の高い求人等はエージェントの方が多く持っていますので、少なくともエージェントは併用した方がいいです。

dodaの向かない人

正社員経験のない人

基本的に転職エージェントのサービスは、企業にとってコストが高い為、それなりにスキルのある人を採用するのに使いたいのです。ただ、近年は売り手市場のこともあり、ポテンシャル採用にもエージェントが利用されますが、残念ながら正社員経験の無い方に紹介できる求人はほぼありません。
一部そういった方向けの転職エージェントもありますので、そちらを利用することをオススメします。
ちなみに経験がアルバイトのみもしくは就労経験が無い場合は、そもそもエージェントに登録した時点でサービスの提供を断れてしまいます。
残念ながら、正社員経験の無い方にはdodaはオススメすることができません。

年収1000万円近くあるハイクラスの人

上記とは逆で年収1000万円以上稼ぐようなハイクラスの方向けの求人も転職エージェントはほとんどもっていません。基本的にそのレベルで稼いでいる人は人材会社など通さなくても、仕事を通じて築いた人脈を通じて転職するパターンが多いです。
エージェントを通じての転職を希望される場合は、ハイクラス向けの転職エージェントを利用すべきです。そういったエージェントはCEOやCFOの求人まで持っていたりしますので、利用してみる価値はあると思います。
あとはスカウトサービスでヘッドハントされるのを待つのも有効であると思います。
基本的にdodaは一般的なサラリーマン向けといっていいでしょう。例外として、フリーランスから企業に就職したいエンジニアなどはdodaのサービスを使って転職することは可能です。

とりあえず情報収集だけと思っている人

転職するかわからないけど、情報収集だけしたいという方はそれなりにいると思います。そういった方にとって転職エージェントは色々と情報をくれるので、うってつけではあると思いますが、その場合はdoda以外の中堅エージェント等の利用をオススメします。
情報収集だけしたいという人もそれなりにエージェントの面談に来るのですが、基本的にアドバイザーはかなり忙しく働いており、目標の数字もタイトである為、転職意欲の薄い方には、あまり丁寧に対応してくれません。dodaのような超大手になれば、登録者の数はかなり多いですので、情報収集だけに来た人にはより対応が悪くなると思います。
もちろん将来的に自分たちのサービスを利用してもらう為に、あからさまに嫌がられませんが、中堅エージェントの方がより丁寧に対応してくれるでしょう。

エージェントを最大限活用する方法

ここで少し、エージェントの上手な利用法を解説したいと思います。

エージェントとの付き合い方の基本

基本的な背景から解説しますと、転職エージェントのビジネスモデルは転職者が入社した企業から仲介手数料を完全成功報酬型でもらって売上をあげています。つまり、求人を出すだけでは企業としても1円もかからない為、エージェントとしては、多くの求人を獲得することができます。但し、転職者が実際に入社しないとエージェントとしては1円の売上にもなりませんので、基本的に自分たち経由でどこかの企業に転職させようとします。
また、仲介手数料は、転職者の年収によって決まりますので、基本的に年収の高い企業に転職させたいとエージェントは考えています。ただ、まれに手数料のパーセンテージが違い、年収関係なく、より手数料の高い企業に転職させようとすることもあります。

アドバイザーも営業職のようなものです。目標となる売上が明確に決まっており、達成できないと相当怒られますし、未達成が続くと会社にいられない雰囲気になります。よって、場面によってはゴリゴリと転職を進めてきます。

ここまで書くと、エージェントが悪のように感じますが、エージェントを利用する人は転職したくて利用している訳ですから、うまくエージェントを利用できれば、自分に足りないところを補って、希望する企業に入社させてくれたりします。

基本的にアドバイザーに対しては、遠慮する必要がありません。無茶かなと思ったとしても、希望の職種や希望の年収等をそのままぶつけるべきです。絶対に無理な場合は、アドバイザーから無理なので、考え方を変えるように言われますので、安心してください。繰り返しになりますが、アドバイザーは転職させたいわけですので、成功しないような高望みは否定してきます。よって遠慮して希望年収を少なく申告したりすると、その年収をベースに転職を進められてしまいます。

また、疑問点はとにかく確認するようにしましょう。それを解決するのがアドバイザーの仕事ですので、基本的に対応してくれるはずです。面接の対策情報や企業の率直な評価など気になることはどんどん聞いてしまいましょう。
ちなみに面接対策情報で特に大切なのが、過去のNG理由です。企業によってはNGワードがあったり、結構特徴があったりします。OK理由ばかり意識してしまうと、自分の言葉でなく棒読みになりやすいので、NG理由を避けながら自分の言葉で話せるようにするといいです。

どこまで正直に話すべき?

選考を進めていくと、アドバイザーから、他エージェント経由での進捗状況や、志望度に関して何度も聞かれると思います。その時どこまで正直に話すべきなのか、迷いますよね。基本的には、エージェントと駆け引きしても疲れてしまいますので、正直に話すのがいいと思っています。ただし、他のサービスも利用していて、油断していると他で転職を決めてしまいそうだとアドバイザーに意識させることは効果的です。何とか自分経由で転職させようと、色々と努力してくれると思いますので、基本的にプラスに働くはずです。
そういった意味でも、エージェントは併用したほうが良いと個人的には思っています。他のエージェントと併用していると、バレた時に信頼を失うので、話を盛ったりすることも減ると思います。

ひとつもし該当するのであれば、出来るだけ早く正直にアドバイザーに伝えて欲しいのが、うつ病等の病に関することです。確かにうつ病の方を嫌がる企業はたくさんあり、カミングアウトしてしまうと、紹介される求人がかなり絞られることは事実です。
ただ、もし隠して転職できたとしても、隠し通せるとは限りませんし、後からバレてしまうのが最悪なパターンです。
勇気がいると思いますが、うつ病等でも受け入れてくれる企業はありますので、最初の段階から正直に告白するべきだと思います。もしくは完治するのを待ってから転職活動を始めるのもよいと思います。

合わないと思った時の対処法

ここでアドバイザーと合わないと思ったときの対処法を紹介しておきます。アドバイザーが全くこちらの意向を汲み取ってくれないという不満をよく聞きますのが、そういった際には、こちらが我慢するのだけはやめましょう。
転職活動は基本的に結構大変です。現職の方は特に、仕事終わりで書類を作成したり、面接の対策をしたり、スケジュールを何とかやりくりして面接に行ったりと結構体力とストレスが溜まると思います。そんな中でアドバイザーとのやり取りでストレスを感じる必要はありません。はっきり言ってもったいないです。
アドバイザーへの不満はそのまま言うようにしましょう。基本的には改善してくれるはずです。また、どうしようもないと思ったときには、担当変更のお願いをしましょう。
担当変更のお願いですが、言える場合には本人に直接言ってしまって構いません。転職エージェントでは担当変更はわりとあることですので、すんなり話が通る場合もあると思います。
本人に伝えても拒否されてしまったり、直接は言い辛いなと思う方は、HPの問合せフォームから連絡しても対応してもらえるようです。
ここまですれば確実に担当変更となります。あなたの人生がかかっているのですから、遠慮するのだけはやめましょう。悔いの無い転職活動になるようにできるだけのことをするべきだと思います。

登録から内定までの流れ

それでは、dodaの登録から実際に企業から内定を得られるまでの一般的な流れを解説していきたいと思います。

① dodaに登録

dodaのHPにアクセスし、『会員登録する』をクリック

下記のような画面に従い、名前、生年月日、電話番号、メールアドレス、学歴、就業状況等の必要事項を解答していけば登録完了です。

②面談日程の調整

登録後、dodaから面談日程の調整の連絡がきます。
対面での面談、電話面談の希望を聞かれると思います。
日程調整が大変な場合もあると思いますが、可能な限り対面での面談を行うことをオススメします。そうすることで、アドバイザーから丁寧な指導を受けられますし、アドバイザーに自分を知ってもらう良い機会となります。
電話面談だと時間も短く、自分を知ってもらい辛いので、マッチした求人の紹介につながり難くなってしまいます。

③書類の作成

面談までに可能な限りで構いませんので、履歴書と職務経歴書を作成するようにしましょう。
特に職務経歴書は初めて作成する方には、わからないことも多いと思いますが、ネットで調べて自力で出来る範囲作製するようにしましょう。
アドバイザーも面談前に準備をしますので、少し早めに書類を送ることで、面談をスムーズに進めることができますし、書類の添削も面談の場で具体的なアドバイスを受けることができます。当たり前ですが、書類が完成するまで、企業への応募ができませんので、気をつけましょう。

④ 面談

アドバイザーとの面談では、できるだけ正直に言いたいことはすべて言うようにしましょう。無理なことは無理ですとアドバイザーに言われますから、遠慮はいりません。事前に書類やアンケートにしっかりと答えられていれば、その場で求人の紹介が受けられると思います。
そこで求人の説明を受けながら、自分の希望を伝えるといいと思います。

⑤ 求人への応募

アドバイザーから紹介された求人や届いたメールの中に応募したい求人があった場合は、dodaのシステムから応募を進めていきます。
まずはアプリもしくはHPにログインして、求人の中の応募ボタンをクリック。

次の画面では、志望度の選択を求められますが、あまり気にせず選択して大丈夫です。
一番したの応募ボタンをクリックすれば応募完了となります

⑥ 日程調整

書類選考通過となった場合は、面接の日程調整をしていきます。
全体で見ると、書類選考の通過率は30%程度と言われていますので、ある程度書類で落ちてしまうことは覚悟しておいたほうがいいです。
日程調整はdodaのシステム上に希望日程を入力して進めていきます。
面接には慣れも必要ですので、同時調整となった場合は、志望度の低い企業から面接を組んだ方がいいと思います。

⑦ 面接

面接前に必ずアドバイザーから面接対策情報をもらうようにしましょう。また、企業のHP等をしっかり読んで研究することももちろん必要となります。志望度の高い企業との面接前にはアドバイザーに相談して、電話での面接対策を受けるのもいいと思います。

⑧ 内定

基本的に面接は2回という企業が多いです。新卒の就職活動とは違い、1次面接が最も大切です。中途採用の場合は、どこのポジションで採用するか決まっている場合が多いですので、その部署のマネージャーの評価が高ければ、内定となる可能性が高くなります。但し、企業によってその辺りの特徴も異なりますので、アドバイザーに相談しながら進めましょう。
無事に内定となった場合、基本的には回答期限は1週間程度であることが多いです。何社かで迷っている場合には、同時期に内定が出るように面接日程を調整するといいです。

⑨ 退職交渉

よくエージェントは退職交渉を終えるまでが、転職活動であるという話をします。内定を承諾して安心する方も多いと思いますが、現職との退職交渉を終えるまで気を抜かないようにしましょう。ここで揉める方は少なくないです。可能な限り円満に退職できるよう、疑問点はアドバイザーに相談しましょう。

よくある質問

ここでネット上や私が知人からよく受ける質問に回答しておきます。

Q.本当に無料?

A.dodaの利用は完全に無料です。但し、転職活動にはそれなりに費用がかかります。
中途採用面接は基本的に交通費は出ませんので、気をつけてください。

Q.dodaが強い年齢層は?

A.基本的に年齢層関係なく強いですが、25歳~34歳の実績が多いです。これは単純にこの年齢層向けの求人がdodaに限らず多いからだと思います。

Q.退会したい

A.マイページの登録情報設定から退会手続きができます。また、退会しても再登録は問題なくできますので、安心してください。

Q.内定後の回答期限がすごく短く決めきれない

A.1週間より短い場合、エージェント側でわざと回答期限を短く設定している可能性があります。まずはアドバイザーに相談してみましょう。最終手段としては、企業と直接交渉する方法がありますが、これも出来るだけアドバイザーの許可をとった方が無難です。

専用アプリやLINEについて

ご紹介した通り、dodaには専用アプリとLINEでアドバイザーと連絡できるサービスがありますので、紹介していきます。

アプリ

doda

基本となるのがdodaのアプリです。これは、ウェブからアクセスするマイページとほぼ同様の内容で、dodaの基本機能をすべてカバーしています。
少し動きが遅いですが、こちらだけでもdodaの利用も問題ないくらいです。

dodaカレンダー(androidのみ)

dodaが転職活動のスケジュール管理用にリリースしているカレンダーアプリもあります。dodaで調整した面接日程等が反映されて管理しやすくなります。他のスケジュールアプリを既に利用している方は、不必要かと思いますが、転職活動していることを出来るだけ隠したい方には、スケジュールアプリを分ける意味でも利用できるかもしれません。

面接対策

dodaは面接対策アプリもリリースしています。内容としては7日間で、面接対策の学習ができるというものになります。面接が不安な方は使ってみても損はないと思います。但し、こちらのアプリを利用しても、個別の企業向けの対策は必要となります。

LINE

dodaではキャリアアドバイザーとLINEで連絡が取れるようになっています。
ただし、必ず利用しなければならないわけではなく、また、重要な連絡はメールベースで行うことを推奨していますので、あくまで補助的な役割ですが、気軽に連絡を取れるので、利用をオススメします。
登録の方法は面談後にアドバイザーより連絡がありますので、そちらに従ってください。

 まとめ

dodaは業界第2位の超大手転職エージェントです。
とにかく持っている求人の数が多いですので、本気で転職を考えている方はマストで利用するべきです。

ただし、アドバイザーの対応はイマイチなこともありますので、その時は他エージェントも平行して利用したり、担当変更をしてもらったりしてうまく付き合っていくことをオススメします。