転職

【口コミ・評判】レバックキャリアは神エージェントでした!転職で年収をあげたノウハウを暴露!

 

レバテックキャリアの評判について徹底調査してみました。

レバテックキャリアは良い評判や悪い評判など様々な話を耳にします。しかし実際にレバテックキャリアを使って年収アップをすることができた人もいるのは事実です。今回はそんなレバテックキャリアのおすすめポイントとレバテックキャリアが向いている人、使うべき人について紹介します。

この記事でわかること
  • レバテックキャリアの評判と口コミ
  • レバテックキャリアのおすすめポイント、イマイチポイント
  • レバテックキャリアで転職するとどうなるのか?

 

Contents

レバテックキャリアってどんな会社?

IT・WEB業界への転職を考えているなら、レバテックキャリアの名前は一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?レバテックキャリアはIT・WEB業界に特化した転職エージェントとして人気があります。そこでまずはレバテックキャリアの特徴や独自サービスについて見ていきましょう。

レバテックキャリアの特徴

レバテックキャリアはIT・WEB業界専門の転職エージェントです。大手の転職エージェントに比べると知名度が低いですが、IT・WEB業界専門の転職エージェント会社としては大手です。まずはレバテックキャリアの得意な業界や領域、求人の種類や求人数。そして登録者の特徴などレバテックキャリアの基本情報について解説します。

得意な業界や領域

レバテックキャリアはシステムの受注からスタートした会社です。紹介可能な主な職種は下記の通りです。

・Web・スマホアプリエンジニア
Java、PHP、Ruby、Android、Swift、JavaScript、Python等
・インフラエンジニア
クラウド、Windows Server、ネットワーク、DB、Linux、Oracle、SQL、Server等
・Webデザイナー
UI/UX、HTML、CSS3、JavaScript、Webディレクション等
・ゲーム・動画クリエイター
3Dモデラー、キャラクターデザイン、シナリオライティング、動画制作等
・PM・PMO
プロジェクト管理・進行、品質管理、顧客折衝等

このようにレバテックキャリアはIT・WEB業界で、ITエンジニアやデザイナーの転職に強く、特にインフラエンジニア、Webエンジニア、デザイナーの領域での転職を考えている人に向いています。

求人の種類や求人数

レバテックキャリアの求人の約半数はWeb・ソフトウェア系です。それ以外にはコンサルティングや、人材教育系、またゲームや広告の求人もあります。また取引先企業は4,000社以上で大手企業だけでなくベンチャー企業との取引があるため求職者のあらゆるニーズに対応できます。

求人数は公式サイトによれば登録求人数5,000件以上、取引企業には、GMOインターネットやビズリーチ、ランサーズなどCMでも同じみの会社も多くあります。また大手転職エージェントに比べて、レバテックキャリアにはIT系に特化した非公開求人も豊富に揃っているため、自分のキャリアプランに合わせた、ベストな仕事を見つけることが可能です。

登録者数や登録者の年代や特徴は?

レバテックキャリアの2019年登録者の年齢層は中心は20代で、全体の54%を占めています。特に20代前半(20~24歳)の登録者数が増加傾向にあることから、第二新卒世代からの支持を集めていることがわかります。最近は女性の登録者数も増えています。

また転職理由のトップが「キャリアアップ」が一位、転職先選びで重要視したいポイントとして、「スキルアップできる環境」を上げている方が多いです。このことから登録者の多くが自分の市場価値を高めたい、自分の専門性を高めたいと思っている人が多いと言えるでしょう。

レバテックキャリア独自のサービス

正社員としてだけでなく、派遣や常駐型フリーランスまで様々な働き方を支援しています。レバテックキャリアでは、フリーランスの案件を紹介するレバテックフリーランスやWebクリエイター専門のレバテッククリエイターなど経験者向けのサービス。未経験からIT・WEB業界で働きたい方向けのレバテックビギナーなど独自のサービスを展開しています。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、IT・Web系の常駐型フリーランスエンジニア(個人事業主)専門のエージェントです。常駐型フリーランスは案件ごとに企業を契約を結び、契約先の企業に常駐して業務を行います。在宅型フリーランスに比べると、企業側のニーズが高く、大手企業の案件を獲得しやすいです。

レバテックフリーランスは登録者のスキルや要望に合わせて企業を紹介し、かつ登録者の代わりに企業との交渉や契約の代行まで行なってくれます。そのためフリーランスでの安定して収入を獲得でき、かつ仕事に集中することが可能です。

レバテッククリエイター

レバテッククリエイターはWeb・ゲーム業界のクリエイター専門エージェントです。常駐型のフリーランス案件や派遣求人を取り扱っています。2020年1年現在で登録者数は140,000人で案件は常時1,000件以上扱っているため、自分にぴったりの仕事を見つけることができるでしょう。また業界内最高レベルの高単価な案件も豊富です。

レバテックビギナー

レバテックビギナーは未経験からエンジニアを目指したい人のためのサービスです。スクール選びから、卒業後の転職のサポートまで一貫したサポートを受けることができます。

レバテックビギナー経由でスクールに入学した場合は、入学金の割引などお得な得点を受けることが可能です。またスクールでスキルに合わせた企業を紹介してもらえます。このようにレバテックビギナーは、習得したプログラミングを学んでIT業界へ転職したい人のおすすめのサービスです。

レバテックエキスパート

レバテックエキスパートは年収800万円以上を目指すエンジニアとクリエイター専門の転職サービスです。国家資格保有者や業界経験が豊富なキャリアアドバイザーが、求職者に代わって適正な市場価値を元に、推薦や年収交渉を行います。

クライアント企業と深い信頼関係を築くことで、ハイクラス人材の採用を前提とした新規事業を立ち上げまで行なっています。そのため他社にはないハイクラスな案件が充実しています。年収アップやさらなるキャリアアップを目指したい経験者におすすめのサービスです。

レバテックルーキー

レバテックルーキーはエンジニアに特化したい新卒者向けの就職支援サービスです。ITエンジニア専門のアドバイザーによるテクニカルカウンセリングによる個別キャリア面談を中心にプログラミングカリキュラムの提供や、ポートフォリオの作成方法のレクチャーなど行います。

他社にないレバテックだけが持っている独自求人が充実しているため、就活解禁前に早期の内定獲得を可能です。またレバテックグループに蓄積されている過去の選考データを主に対策を行うことで、高い内定率を誇っています。

レバテックキャリアのメリット

レバテックキャリアと言えば、 IT・WEB業界に強いと印象を持っている方も多いのではないでしょうか?そのため大手の転職エージェントに比べると、 IT・WEB業界に強い、専門性に特化したキャリアアドバイザーと対応してくれるなどのメリットがあります。ここではレバックキャリアのメリットについて解説します。

IT・WEB業界に強い

フリーランスのエンジニアやWebデザイナーの中には、結婚などのライフイベントに合わせて、正社員に変わりたいというニーズがあります。このニーズに応えるために生まれたのがレバテックキャリアです。年間3000回以上のクライアント企業へ訪問することによって、他社では入手できない独自情報や、現場の生の声を常に入手しています。このことからも レバテックキャリアはIT・WEB業界に強いへの転職に強い転職エージェントだと言えます。

専門性に特化したキャリアアドバイザーと対応してくれる

求職者の対応をするレバックキャリアのアドバイザーは、過去にSEとして現場で働いていた方が中心です。他の転職エージェントのアドバイザーに比べると、 IT・WEB業界の知識が豊富なアドバイザー揃っています。

レバックキャリアでは、求職者の強みをしっかり把握した上で、採用担当者が会いたくなるようなポートフォリオが作れるようにサポートします。専門性の高いキャリアアドバイザーが対応することで、自分の強みを活かせる企業を紹介してくれるため、転職後年収アップするケースが多いです。

経験者向けの非公開求人が豊富

レバテックキャリアでは求人企業側のフォロー担当者としてリクルーティングアドバイザーをおくことで、企業との信頼関係構築を15年に渡り行なっています。またレバレッジグループではクライアント企業に対して年間累計3,000回以上の企業訪問を実施しています。それにより新規事業や重要プロジェクトのメンバーなど専門スキルが必要な求人や、非公開求人など厳選された求人を豊富に保有しています。

転職に向けてサポートが充実している

レバテックキャリアは90分の初回面談を行うことで、求職者の表面的にニーズだけでなく潜在的なニーズまで引き出すなど、丁寧なカウンセリングが特徴です。

これらの求職者のニーズを元に最適は求人を紹介することで、転職後のミスマッチを防ぎます。またレバテックグループに保有されている豊富な転職事例やノウハウを元に、先々のキャリアアップを見据えたサポートを行なっています。レバテックキャリアは次の転職や、未来のキャリアに向けたサポートが充実しています。

レバテックキャリアのデメリット

レバテックキャリアは IT・WEB業界に特化し、専門性の高い案件が豊富で、転職に向けてのサポートが充実している一方で、サービスを受けられる地域が限られていたり、未経験者向けの求人が少なかったりとデメリットがあります。ここではこれらのデメリットについて解説します。

サービスを受けられる地域が限られている

レバテックキャリアのオフィスは東京、横浜、大阪、福岡にしかありません。そのため、他地域に住んでいる方はサポートを受けるのが難しいでしょう。各地域のオフィスは下記の通りです。

・渋谷オフィス(東京本社)
東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア 24F
・横浜オフィス
神奈川県横浜市神奈川区金港町3-1 コンカード横浜 3F
・大阪オフィス
大阪府大阪市北区堂島1-5-30 堂島プラザビル 8F
・福岡オフィス
福岡県福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡 12F

個別相談会や面談は各オフィスにて行われています。そのため全国各地で同じようなサービスを受けることできる大手転職エージェントに比べて、サービスを受けれれる地域が限られているのでデメリットだと言えます。

未経験者向けの求人が少なく、サポートが限られている

レバテックキャリアはもともとフリーランスから、正社員への転職をサポートする目的のサービスとして立ち上げられているため、未経験者向けの求人が少ないです。

レバテックキャリアの各オフィスでは開催されている個別相談会も年収をアップやハイクラスな転職を目指したい向けや、SlerからWeb業界へ転職を考えている方向けなど、経験者向けの個別相談会を実施しています。

未経験者の場合は、事前にスクールでスキルや知識を身につけたから利用するか、もしくは同じグループのレバテックビギナー方をまず利用した方がいいでしょう。

レバテックキャリアを実際に利用した人の評判や口コミ

レバテックキャリアをいざ利用したいと思った時に、気になるのが実際に利用した人の評判や口コミではないでしょうか?ここではレバテックキャリアに対する良い評判だけでなく、悪い評判も合わせて紹介します。

実際の利用した人の評判は?

レバックキャリアの公式サイトによれば、アドバイザーの業界知識は豊富だと感じましたか?という質問に関して、96%の人が当てはまると回答しました。また自分一人では得られない情報を得ることができたか?という質問に対しては、89%の人が当てはまると回答しています。このことからもレバッテクキャリアは IT・WEB業界に特化した転職エージェントだと言えるでしょう。次は、レバテックキャリアに対する、実際の評判を見ていきましょう。

良い評判

まずはレバテックキャリアに対する良い評判を紹介します。

今回の転職だけではなくキャリアプラン全体を共に考えてくれたから。また、やりたいことを読み取ってくれて会話が噛み合い、有益な情報も聞けた。
30代|男性|Web・オープン系エンジニア

各企業の需要を熟知されており、自分のスキルや要望がどんな企業とマッチするか深い部分で提案いただきました。担当の方は仕事が早く、意見を率直に言ってくださるので非常に助かります。
30代|男性|Web・オープン系エンジニア

これらの評判からもレバックキャリアは先のキャリアを見通した上で、専門知識を有するプロのアドバイスがもらえることがわかります。またレバテックキャリアなら満足のいくキャリアアップを実現することが可能だと言えるでしょう。

悪い評判

次はレバテックキャリアに対する悪い評判を紹介します。

得意とされている領域がかなり絞られており、万人向けのキャリアサービスではないと感じました。志望キャリアがフィットする方にとっては、とても良いサービスであると思います。​
40代|男性|クリエイター

通える範囲の勤務地が少ない
20代|女性|Webデザイナー

電話ヒアリングのスケジュール調整に時間がかかるため、初動が遅くなる
20代|女性|アプリケーションエンジニア

専門性が特化しているため希望するキャリアの方向性によっては、満足いくサービスが受けれない恐れがありそうです。オフィスがある地域が限られているため、住んでいる地域によっては、通勤でできる勤務地の求人が少ない可能性があります。

IT・WEB業界の転職エージェントの中でも知名度が高いため、自分の希望の日時でヒアリングのスケジュールが取れないこともあるようです。

レバテックキャリアが向いている人の特徴と向いてない人の特徴


レバテックキャリアは大手の転職エージェントに比べると、専門性が高いため向いている人と向いていない人がはっきりしています。ここではレバテックキャリアが向いている人の特徴と、向いていない人の特徴を解説します。

レバテックキャリアが向いている人

レバテックキャリアが向いている人は、専門性が高くスキルに自信がある人や、時間をかけてじっくり転職活動をしたい人。また未経験でもIT・WEB業界への転職意思が強い人です。ここではそれぞれの特徴について詳しく解説します。

専門性が高く、スキルに自信がある人

レバテックキャリアはIT・WEB業界に特化した転職エージェントです。そのため大手転職エージェントにあるような他業界の求人、エンジニアやWebデザイナー以外などの職種の求人はほぼないと思っていいでしょう。その一方で、IT・WEB業界に求人が豊富で、かつ高単価の案件や専門性の高い案件が多いです。

専門性が高く、スキルの自信がある方なら高単価な案件を紹介してもらえる可能性が高いでしょう。

時間をかけてじっくり転職活動をしたい人

レバックキャリアは初回の面談時間を90分と設定し、求職者の潜在的ニーズまでじっくり引き出してくれます。案件を紹介する際には、将来的なキャリアプランを見通した上で、ベストな仕事を提案してくれます。それだけでなく転職の時に必要な職務経歴書やポートフォリオを作成する際には、実務経験者の視点から適切なアドバイスをいただけます。

このように理由から、レバックキャリアは時間をかけてじっくりと転職活動をしたい人の向いていると言えるでしょう。

未経験でもIT・WEB業界への転職意思が強い人

レバックキャリアには未経験者向けの求人は数が少ないため、知識やスキルがない場合は、レバテックキャリアは向いているとは言えません。しかし転職意思が強く、知識やスキルを身に付けたいという意思が強い方なら、レバックキャリアは力になってくれるでしょう。

未経験者の場合は事前にスクールに通ったり、もしくはレバッテクビギナーを利用したりすることで、基本的に知識やスキルを身に付けてから登録しましょう。

レバテックキャリアが向いてない人

レバテックキャリアが向いている人は、未経験者もしくはスキルに自信がない人です。ここではそれぞれの特徴について詳しく解説します。

未経験者もしくは、スキルに自信がない人

レバテックキャリアはフリーランスから、正社員を目指す人向けのサービスとして生まれました。そのため紹介してもらえる案件の多くが、IT・WEB業界である程度実績や経験があり、専門的な知識を有している人向けのものが多いです。そのため転職してから勉強しようと考えている場合は、希望の転職先を紹介してもらえない可能性が高いでしょう。

またレバテックキャリアはIT・WEB業界での今後のキャリアプランを見据えた上で、転職先を紹介します。スキルに自信がなく、先々別の業界への転職を考えている場合も、同じくレバテックキャリアでは希望の転職先を紹介してもらえない可能性があります。

このような理由から未経験者もしくは、スキルに自信がない人にはレバッテクキャリアが向いていないでしょう。

レバテックキャリアの転職支援サービスとは?

レバテックキャリアの転職支援サービス求職者とクライアント企業の間に入って、転職のサポートをするサーボスです。レバテックキャリアでは、元エンジニアなど現場経験のある知識豊富なアドバイザーが求人紹介から入社までのサポートを行います。

レバテックキャリアの転職支援サービスの中身

レバテックキャリアの転職支援サービスへはWebから申し込みできます。申し込み後は初回の面談日を設定し、そこから求人紹介やキャリア相談から、希望の求人が見つかった後は、書類添削や面談対策などのサポートを受けることができます。ここでは転職支援サービスの内容について詳しく解説します。

サポート1:求人紹介・キャリア相談

技術的な知識と最新のIT業界の動向を熟知している担当コーディネーターが事前に登録した内容を元に、転職やキャリアに関するニーズを深堀していきます。

アピールできるようなスキルがないと思っている方向けには、テクニカルカウンセリングを受けることで自分の強みを把握できます。またレバテックキャリアが豊富の所有する求人から、自分の強みやキャリアプランにあった求人を紹介してもらえます。

サポート2:書類添削・面接対策

応募する企業が決まったら、応募書類の作成の入ります。職務経歴書やポートフォリオなどの作成する際には添削を受けることでできるため、自分の魅力を最大限い伝えることができる応募書類に仕上げることが可能です。また応募書類の作成と合わせて面接の対策を受けることができます。

サポート3:年収交渉・入社日調整

アドバイザーが求職者に代わって、内定先企業の対して年収の交渉や入社日の調整などを行います。もしこの時に確認したい場合や、自分から言いにくいことがあれば、まずはアドバイザーに相談してみるといいでしょう。

レバテックキャリアを利用の流れ

レバテックキャリアは利用する場合は、まずは.Webで申し込みをします。そこからカウンセリング、求人紹介、応募・面接、そして最終的に内定・入社に進んでいきます。次は各サービスの詳細について解説します。

1.Webで申し込み

転職支援サービスを利用するためにはWeb登録が必要です。そのためまずは無料登録フォームから氏名や連絡先などの基本情報、現在の状況、経験やスキル、また希望の職種や条件があるなら入力していきます。

求人紹介ではなくまずは転職相談を受けたい場合は、転職相談のみの登録もできます。登録内容を確認後、3営業日以内にレバテックキャリアの担当者より今後のサポートに関して連絡が入ります。

2.カウンセリング

知識や経験が豊富でかつ最新のIT業界の動向に熟知しているアドバイザーが、登録内容を元にマンツーマンでカウンセリングを行います。カウンセリングではスキルの棚卸しから行い、求職者のニーズに合わせて最適なキャリアプランを一緒に考えます。

自分の強みや得意分野が分からない場合は、テクニカルカウンセリング、キャリアプランの考えがまとまらない場合はキャリアパスを明確化するためのカウンセリングを受けるといいでしょう。

3.求人紹介

レバックキャリアの強みは業界トップクラスの求人数です。リクルーティングアドバイザーがクライアント企業のプロジェクトマネージャーと年間3,000回以上面談を行うことで、求人情報からでは分からない、現場で求められている人材の情報などを保有しています。他社のエージェントには出回らないように非公開求人を多く獲得しているため、それらの求人からニーズはキャリアパスに合わせて最適は求人を紹介してもらえます。

4.応募・面接

応募する企業が決まったら、応募書類の作成のアドバイスを受けれます。そのため自分一人で、完璧な職務経歴書やポートフォリオを作成する必要ありません。レバテックキャリアには15年以上にわたり蓄積された応募書類の作成ノウハウがあります。そのノウハウを元に添削を受けることで、採用担当者の目に止まる書類を作成することが可能です。

また面接などの日程調整もレバックキャリアが志望度に合わせてスケジューリングしてもらえます。もし面接が不安な場合、面接での基本的なマナーや好印象を与えるコツなど事前に教えてもらうなど対策をしておくといいでしょう。

万が一面接で伝え漏れがあった場合、後日担当者を通じて企業側に伝えることができるので安心してください。

5.内定・入社

内定や入社に向けて、給与や入社日など自分から言いにくことがあれば、事前にアドバイザーに伝え、会社側の担当者と調整や交渉をしてもらいことができます。

入社に向けて勤務先企業を退職する場合は、円満退職のためにフォローや書類作成のアドバイスを受けることも可能です。レバックキャリア入社後に入社状況のヒアリングを実施しているため、もし不安や疑問点がある場合は、その時に相談するといいでしょう。

レバテックキャリアを利用する際に注意したいこと


せっかくレバテックキャリアのアドバイザーは一人に複数の求職者を抱えています。そのためたくさんの求職者の中から、優先的に仕事を紹介してもらうためのコツや、転職エージェントを利用する上でしてはいけないことを紹介します。

初回面談はなるべく対面で実施する

初回の面談は自分の希望や要望を伝えるための大切な面談です。そのため、できる限りレバテックキャリアのオフィスに足を運びましょう。

アドバイザーとの関係性は転職活動に影響を与えます。自分と相性の良いアドバイザーと転職活動を進めて行くのが成功への近道です。初回面談の際の担当者と合わないと感じたい場合は、早めに別のアドバイザーと交代してもらう必要があります。そのためアドバイザーとの相性を確認するためにも初回の面談はなるべく対面で実施した方が良いでしょう。

良い案件があらばすぐにでも転職したい旨を伝える

初回面談の際には転職時期につい質問されます。この時には良い案件があればすぐにでの転職したい旨を事前に伝えるようにしましょう。そうすることでアドバイザーもあなたの希望にできる限り早く答えるために、優先順位をあげて対応してくれる可能性があります。

このような理由から転職時期に関しては、良い案件があらばすぐにでも転職したい旨を伝えておくと良いでしょう。

経歴やキャリアを正しく申告する

求職者の登録情報や、やりとり会社に保管されているため、虚偽の経歴やキャリアがバレてしまう可能性があります。経歴やキャリアに関して虚偽の申告をし、内定後に虚偽が発覚したい場合内定が取り消されたりする恐れがあります。

また正しく業務経験やキャリアを申告していないと、自分に合う仕事を紹介してもらえなかったり、転職後ミスマッチが起こってしまったりと不利益を被ってしまう恐れがあります。そのため経歴やキャリアは正しく申告するようにしてください。

自分の希望や意思をしっかり伝える

アドバイザーは求職者からのヒアリング内容を元に、希望にある求人を探し、提案します。もし自分の希望を正しく伝えるとができなければ、自分のニーズにある求人を紹介してもらえずに、転職期間だけ伸びてしまいます。また紹介された会社に転職してから思っていた職場ではなかったと後悔してしまうこともあります。

レバテックキャリアは求人情報からだけでは分からないような、実際の職場や同僚の雰囲気などの情報を豊富に持っています。だからこそ自分の希望にあった求人を紹介してもらうためにも。自分の希望や意思をしっかり伝えるようにしましょう。

転職活動の状況など小まめに連絡する

アドバイザーとの関係を良くするためにも、転職活動の状況は小まめに連絡しておくとが大事です。多くの転職エージェントでは、求職者のデータベースから、クライアント企業側の受験に合う求職者をピックアップします。更新日新しい情報か順番に表示される可能性高いです。そのためできるだけ良い求人を紹介してもらうためにも、なるべく小まめに転職活動の状況を連絡したり、困ったことがあれば相談したりするようにしましょう。

同じ案件に対して別のエージェントから応募しない

レバテックキャリア以外に別の転職エージェントに登録して、転職活動を進めている人も多いでしょう。同じ企業に対して複数のエージェントから同時の応募してしまうと、応募先の企業から転職エージェント宛に連絡が入ってしまいます。その結果、応募先企業や転職エージェントに対して、不信感を与えしまい、採用に不利になってしまう恐れがあります。

このような理由から同じ案件に対して別のエージェントがから応募しないようにしましょう。

レバテックキャリアと合わせて利用したいIT・WEB業界専門の転職エージェント


転職エージェントは転職活動の結果に大きく影響を与えてしまいます。そのため自分にあった転職エージェントを選び必要があります。次はレバテックキャリア以外のIT・WEB業界に特化した専門エージェントの特徴やメリットデメリットをまとめて紹介します。

マイナビIT

出典:マイナビIT

大手転職エージェントとして知名度の高いマイナビが運営する、IT・WEB業界に特化した転職エージェントがマイナビITです。ここでは、マイナビITの特徴や、メリットデメリットなどについてみていきましょう。

マイナビITの特徴

マイナビITは、マイナビが運営しているIT・WEB業界専門の転職エージェントです。そのため、コンサルティングファームから大手Sler、メーカーやベンダーなどIT・WEB業界の求人を多く取り扱っています。求人数は他の転職エージェントと比べ、群を抜いて多いです。また、大手企業から地方の優良企業にベンチャー企業の求人と幅広い企業の求人を保有しているため、自分のキャリアプランに最適な求人が見つかるでしょう、

在籍するキャリアアドバイザーはIT系業界出身者が多く、キャリアアドバイザー向けの勉強会などの行なっています。そのため専門知識をしっかり持ったキャリアアドバイザーが、転職までしっかりサポートしてくれるのも心強いポイントです。

マイナビITのメリットとデメリット

次はマイナビITのメリットやデメリットについてみていきましょう。

メリット

・大手企業の求人が多い
転職エージェントとして大手のマイナビには、他の転職エージェントに比べると大手企業の求人が多いです。また、登録者しか応募することでできない非公開求人も豊富に揃っています。このように、他のエージェントに比べると優良な求人が多いというメリットがあります。

・担当者によるサポートが充実
応募書類の添削や面接対策だけでなく、選考の際に推薦状を書いてもらえるサポートが回数も無制限で、好きなタイミングで受けれます。また出社日や給与などの条件交渉も代わりにしてもらえるなど、担当者によるサポートが充実しています。

・ITWeb業界以外の求人もある
ITWeb業界以外のメーカー系の求人も保有しているため、自分のキャリアプランに合わせてぴったりの求人を見つけることができます。

デメリット

・未経験者向けの求人が少ない
経験者向けの求人に比べると、未経験者向けの求人が少ないです。そのため未経験者の場合は他の転職エージェントと併用した方がいいでしょう。

・サポートを受けれる地域が限られている
サポート地域は首都圏、関西圏、中部地方、北海道、福岡の全国5箇所です。そのため他の地域にお住いの方は利用できないでしょう。

ギークリー

出典:ギークリー

ギークリーはIT・Web、ゲーム業界に転職した方向けの転職エージェントです。首都圏勤務の正社員案件を豊富の保有しています。ここではギークリーの特徴や、メリットデメリットなどについてみていきましょう。

ギークリーの特徴

IT・Web、ゲーム業界に特化した転職エージェントです。IT・Web業界に特化した転職エージェントの場合、エンジニアの求人が中心の会社が多いです。しかしギークリーは、エンジニアだけでなくコンサルタントやマーケターそして営業と幅広い業種の求人を取り扱っています。そのためエンジニアの実務経験を活かして、他の職種にチャレンジできます。またITWeb業界で働きたいと思っている人にもおすすめだと言えるでしょう。

また在籍しているコンサルタントは、IT業界での実務経験者のため、技術的な相談など、じっくり深い話をしながら転職活動を進めていくことができるの特徴の一つです。

ギークリーのメリットとデメリット

次はギークリーのメリットやデメリットについてみていきましょう。

メリット

・他社にはない非公開求人が豊富
非公開求人は10,000件以上、ギークリー独占の求人が豊富の揃っています。またこれらの非公開求人の中には急ぎ採用したいという企業の求人もあるため、急ぎ転職したい人にとって嬉しいポイントです。

・自分にぴったりの求人を紹介してもらえる
求人を提案する際に独自のマッチングシステムを採用し、求職者の年齢や職種や今までの経験、希望条件などを多角的に分析した上で、自分にぴったりの求人を紹介してもらえます。

・コンサルタントの質が高い
IT業界で3年以上の実績があるコンサルタントから求人票だけではわからない仕事の内容や、会社の雰囲気などの情報を元に適切なアドバイスを受けることができます。

デメリット

・首都圏の案件が中心
首都圏の案件が中心の会社のため、地方に在住している場合は求人を紹介してもらうのが難しいでしょう。

・転職までのスピードが早い
他の転職エージェントに比べると、転職までのスピードが早いためじっくり検討人には向かないでしょう。

TechClipsエージェント

出典:TechClipsエージェント

TechClipsエージェントはITエンジニア向けの転職エージェントです。首都圏勤務のエンジニアの求人を豊富に保有しています。ここではTechClipsエージェントの特徴や、メリットデメリットなどについてみていきましょう。

TechClipsエージェントの特徴

TechClipsエージェントはITエンジニア向けに特化した転職エージェントです。大手だっけでなく。ベンチャー企業の求人も豊富の保有しています。また、紹介先企業は事業会社のみのため、じっくり腰を据えて仕事をし、スキルアップした人向けの求人が多いです。そのため、首都圏でエンジニアとして仕事をしながら、エンジニアとしてのキャリアアップしたい人のおすすめの転職エージェントです。

ただしエンジニアに特化した転職エージェントのため、未経験者向けの求人がほとんどないと思った方がいいでしょう。

TechClipsエージェントのメリットとデメリット

次はTechClipsエージェントのメリットやデメリットについてみていきましょう。

メリット

・高年収かつ高待遇案件が豊富
1000社以上のエンジニア向けの求人を豊富し保有し、保有している求人は年収500万円以上です。

・現役のエンジニアが転職をサポート
エンジニア兼コンサルタントがアドバイスを行うため、技術的な相談をしながら安心して転職活動を進めることができます。

・お祝い金制度がある
TechClipsエージェントからの紹介で、内定を獲得し転職した場合は、最大で20万円の祝い金をもらえます。

デメリット

・首都圏の求人が中心
首都圏の求人が中心のため、これらの地域の方が利用するのは難しいでしょう。

・未経験者の求人が少ない
求人のほとんどがエンジニアとして経験がスキルがあることが前提の求人のため、未経験者の方は他社の転職エージェントを利用した方がいいでしょう。

ワークポート

出典:ワークポート

ワークポートは15年以上IT業界を中心に転職サポートを行う転職エージェントです。最近はIT業界やエンジニアの求人だけではなく様々な業界や業種を求人を豊富に保有しています。ここではTechClipsエージェントの特徴や、メリットデメリットなどについてみていきましょう。

ワークポートの特徴

最近はIT業界やエンジニアの求人だけでなく、他業界や他業種の求人も豊富に所有していますが、もともとIT業界専門の転職エージェントのため、他の転職エージェントに比べるとIT業界やエンジニア向けの求人が多いです。またIT・Web業界専門の転職エージェントに比べると、未経験者向けの求人が豊富で、未経験者向けのみんスクというスクールを運営しているため、スクールに通いながらエンジニアへの転職を目指すこともできます。

ワークポートでは、独自の面談予約システムや、面談事前入力ツールを採用しているため、簡単にいつでも面談入れることができます。そのため働きながら隙間時間を使いながらの転職活動も可能です。

ワークポートのメリットとデメリット

次はワークポートのメリットやデメリットについてみていきましょう。

メリット

・未経験からでもエンジニアへの転職を目指せる
IT・Web業界専門の転職エージェントに比べると、未経験者向けの求人が多いです。また、全くの未経験者からプロのエンジニアを目指すために無料のエンジニアスクールも運営しています。

・エンジニア以外の求人が豊富
求人の中心はIT・Web業界やエンジニアですが、最近は営業や事務、販売などの求人も取り扱っています。

・対応が早い
初回の面談から求人紹介までのスピードが早いです。そのため、早く転職人にはおすすめです。

デメリット

・大量の案件を紹介される
面談後に大量の求人が送られてくるため、プロにアドバイスしてもらいながら求人を選びたい人には向いていないでしょう。

・対応が事務的
面談後、すぐに求人が送られてくるなど対応が早い反面、転職コンシェルジュの対応が事務的に感じてしまう人が多いようです。そのため、親身になってじっくり相談したい方には向いていないでしょう。

アールストーン

出典:アールストーン

アールストーンは IT・WEB・ゲーム業界に強い転職支援サービスです。実務経験がある20代後半から30代前半のエンジニアやデザイナー向けの求人を豊富に保有しています。ここではTechClipsエージェントの特徴や、メリットデメリットなどについてみていきましょう。

アールストーンの特徴

アールストーンでは一人の担当者が求職者と企業の間に入って対応しています。そのため担当のキャリアドクターが感じた求職者の強みや魅力を直接企業の担当者に伝えてくれます。また、一人の求職者に対して、チーム体制でサポートするため、初めて転職活動する人にとっては心強いでしょう。

またアールストーン、優れた転職エージェントに送られる、リクルートキャリアが主催するグッドエージェント賞や、マイナビ主催するThe Best Matching Of The Year2015受賞を受賞するなど、転職エージェントとして業界での評判が高い会社です。

アールストーンのメリットとデメリット

次はアールストーンのメリットやデメリットについてみていきましょう。

メリット

・自分に最適な求人を紹介してくれる
アールストンは一人の担当者が求職者と企業の対応をすることで、スキル面だけでなく、会社の雰囲気や企業風土に合わせて、最適な求人を紹介してくれます。

・キャリアドクターの質が高い
現在のスキルや経験からでなく、将来のキャリアプランを見据えてベストな転職先を紹介するなど、キャリアドクターの質が高いです。

・年収アップ率が高い
求職者の対応を行なっている担当者が企業の担当者に直接、スキルや強みを伝えながら給与面などの条件交渉を行うため、転職後に年収が大幅にアップした人が多いです、

デメリット

・未経験者向けの求人が少ない
求職者のメインの層が20代後半~30代後半の経験者がメインのため、未経験者向けの求人は少ないです。そのため未経験者の方が他社の転職エージェントと併用した方がいいでしょう。

・求人数が少ない
IT・WEB・ゲーム業界に特化しているため、求職者一人に対して紹介されう求人数が少ないため、たくさんの求人の中から選びたい人には向いていないでしょう。

エンジニアファクトリー

エンジニアファクトリーはフリーランスのエンジニア向けの求人を紹介する会社です。フリーランスから正社員へのキャリアチェンジ支援だけでなく、フリーランス向けに案件の紹介も行なっています。ここではTechClipsエージェントの特徴や、メリットデメリットなどについてみていきましょう。

エンジニアファクトリーの特徴

出典:エンジニアファクトリー

エンジニアファクトリーはフリーランスのエンジニア向けに正社員の求人や、フリーランス向けの案件を紹介する会社です。そのため他の転職エージェントに比べると、利用者の年代が20代から50代と幅広いです。また正社員の案件だけでなくフリーランスの求人も保有しているため、フリーランスから正社員、正社員からフリーランスとキャリアチェンジする際の支援も充実しています。

また、定期的にITエンジニア向けの合同カジュアル面談会やキャリアセミナーなどもITエンジニア向けのイベントを多数開催しているため、転職活動前の情報収集のために参加してみるのもいいでしょう。

エンジニアファクトリーのメリットとデメリット

次はエンジニアファクトリーのメリットやデメリットについてみていきましょう。

メリット

・20代から50代まで年齢不問でサポート
転職エージェントの場合、登録者のメインの年齢が20代30代が中心ですが、エンジニアファクトリーは40代以上の登録者も多いため。スキルが高い40代以上の案件を豊富に揃っています。

・フリーランスから正社員まで様々な働き方を支援
転職活動をしている中で、フリーランスで仕事をしようと思った場合も、案件を紹介してもらえます。

・非公開案件が多い
非公開案件が多いため、有利な条件で転職をすることが可能です。

デメリット

・首都圏の求人が中心
地方在住者のためにオンラインの面談などを行なっていますが、求人のほとんどが首都圏のため、首都圏以外に住んでいる人が紹介される求人が少ないでしょう。

・未経験者の求人が少ない
フリーランスエンジニア向けの求人の紹介を行なっているため、未経験者向けの求人は少ないです。

レバテックキャリアと合わせて利用したい大手の転職エージェント


転職活動をする際に、転職エージェントを一社だけ利用するよりも、複数利用した方が、チャンスが広がります。そこでここでは、レバテックキャリアと合わせて利用したい大手の転職エージェント特徴やメリット、デメリットをまとまて紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは転職エージェントの中でも最大手です。そのため様々な業界求人を豊富の所有しています。ここではリクルートエージェントの特徴や、メリットデメリットなどについてみていきましょう。

リクルートエージェントの特徴

出典:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、リクルートキャリアが運営する転職エージェントです。老舗の総合エージェントで、登録者は20代から40代と幅広い世代に支持されています。また、新卒や第二新卒から、管理職などのハイクラス求人とあらゆる段階の求職者に対応しています。地域も首都圏のみと限定されていません。

そのため、たくさんの求人の中から仕事を見つけたい人や、地方で就職したい人、まだどの転職エージェントか迷っているなら、まず登録しておくといいでしょう。またリクルートエージェント独占の非公開求人も多いため、他の転職エージェントと合わせて登録するのにも向いています。

リクルートエージェントのメリットとデメリット

次はリクルートエージェントのメリットやデメリットについてみていきましょう。

メリット

・求人数が多い
転職エージェント最大手のため、とにかく求人数が多く、初回面談時点でかなり多くの求人を紹介してもらえます。そのため、他のところでは求人を紹介してもらえない方でも求人を紹介してもらえる可能性高いです。

・面接対策などサポートが充実
登録者が無料で受講できる面接セミナーや、個別の面接対策など内定を獲得するためにサポートが充実しています。

・内定率が高い
業界最大手でクライアント企業とのパイプもしっかりしています。そのため一度落ちた企業ででコンサルタントが交渉し、再チャレンジさせてもらえるなど、内定率が高いです。

デメリット

・利用期間3ヶ月しかない
利用期間が3ヶ月と決めれれているため、すぐの転職するつもりがない人や、じっくり転職活動をしたい人は向いていません。

・強引にアプローチされることがある
利用期間が決まっていることから、コンサルタントが早く転職先を決めるために、なんども連絡してきたり、とにかく応募するように強引に進めてきたりすることあります。そのため、ゆっくり決めていと思っている人にとっては、強引に感じてしまうことがあるでしょう。

doda

出典:doda

dodaもリクルートエージェントと並ぶ、大手転職エージェントです。そのため様々な業界求人を豊富の所有しています。ここではdodaの特徴や、メリットデメリットなどについてみていきましょう。

dodaの特徴

dodaはリクルートキャリアに次ぐ、最大手の転職エージェントです。特にメーカー系の求人が多いのが特徴です。そのため求人の種類も豊富で、内定を獲得するまでのサポートも充実しています。またdodaのアドバイザーは、前職で人事や採用の仕事をしていた経験者が多く在籍しています。採用担当者の視点でアドバイスを受けることが可能です。そのため、これから転職活動を始める方など、応募書類や面接の時の受け答えなど、適切なアドバイスを受けたいと思っている人には最適です。

dodaのメリットとデメリット

次はdodaのメリットやデメリットについてみていきましょう。

メリット

・求人数が多い
求人数が多く、大手企業だけでなく中小企業やベンチャー企業と幅広く色々な企業の求人が揃っているため、たくさんの求人の中から選びたい人の向いています。

・企業からスカウトメールと届く
エージェントサービスと合わせて、スカウトサービスに登録しておくと、企業からスカウトメーツが届くため、求人を探す時間がない人は登録しておくといいでしょう。

・転職までのサポートが充実している
dodaのアドバイザーは企業で人事や採用担当をしていた方が多いため、他のエージェント比べ、具体的なアドバイスを受けることができます。

デメリット

・質の低い求人を紹介されることがある
保有する求人数が多いため、紹介される求人の中には質の低い求人や、自分の希望とは違う求人を紹介させることあります。

・頻繁に連絡がくる
レスポンスが早く、たくさんの求人を紹介してくれるため、人によっては頻繁に連絡がくると感じてしまうこともあります。

マイナビエージェント

出典:マイナビエージェント

リクルートエージェントは転職エージェントの中でも最大手dす。そのため様々な業界求人を豊富の所有しています。ここではリクルートエージェントの特徴や、メリットデメリットなどについてみていきましょう。

マイナビエージェントの特徴

マイナビエージェントは、マイナビが運営する転職エージェントです。登録者は20代が中心で、20代から最も信頼を得ている転職エージェントと言わ、第二新卒向けの求人を豊富です。リクルートエージェントやdodaに比べて求人数が少ないですが、大手企業から中小企業まで幅広く企業を紹介してくれます。

また、求職者が転職が初めての方や転職回数が少ない方が多いので、他社に比べて、自己分析から、面接対策などきめ細やかなサポートを受けれます。そのため、転職活動に慣れていない人におすすめの転職エージェントです。

マイナビエージェントのメリットとデメリット

次はマイナビエージェントのメリットやデメリットについてみていきましょう。

メリット

・20代や第二新卒向けの求人が多い
マイナビエージェントは、新卒3年以内の第二新卒向けの求人が多く、登録者も20代が多いです。そのため大手企業の中にはマイナビエージェントにしか第二新卒向けの求人を出していないケースも多々あります。そのため第二新卒で大手企業を狙っている人におすすめです。

・中小企業の求人が豊富
リクルートエージェントやdodaに比べて、大手企業の求人数は少ないですが、中小企業の求人が多いです。そのため、大手志望なければ、中小企業の中でも福利厚生がしっかりしているような優良企業に出会える可能性があります。

・サポートが丁寧
20代の社会人経験が浅い人向けの転職エージェントのため、求職者の話をしっかり聞いたり、マメに連絡をしてくれたりと、きめ細やかサポートしてくれます。

デメリット

・登録を断られることがある
転職回数が多い、バイトなどの経験しかない人の場合。紹介できる求人数が少ないため、登録を断られるケースあります。

・経験者向けのハイクラスな求人が少ない
20代向けの転職に強い、転職エージェントとのため、30代や40代の経験者向けや、ハイクラスな求人は少ないです。そのため登録の際に断られるケースがあります。

BIZ REACH

出典:BIZ REACH

BIZ REACHは高収入層かつ、35歳以上のミドル層向けのヘッドハンティング型転職サイトです。そのため、即戦力となる人材や管理職向けの求人が多いです。ここではBIZ REACHの特徴や、メリットデメリットなどについてみていきましょう。

BIZ REACHの特徴

BIZ REACHはハイクラス層の特化した、ヘッドハンティング型転職サイトです。そのため、他の転職エージェントやサイトと異なり、全てのサービスを利用するためには、求職者側が利用料を支払い有料会員登録をする必要があります。

会員登録して、職務経歴書を登録しておくと、職務経歴書を見た、企業をヘッドハンターからスカウトメールが届きます。無料で利用することも可能ですが、利用範囲が制限されるため、本気で活用したい場合は、有料会員になっておく方がいいでしょう。またあくまでの転職サイトのため、ヘッドハンターが付かない場合は、あまりサポートを受けることができません。そのため、即戦力として経歴に自信がある人や、自分で転職活動を進めることができる人に向いています。

BIZ REACHのメリットとデメリット

BIZ REACHのメリットやデメリットについてみていきましょう。

メリット

・企業からスカウトメールが届く
登録している職務経歴書をみて、興味を持った企業からスカウトメールが届くため、自分で求人を探す、手間が省けます。

・高収入の求人が多い
ミドル層向けの求人が多く、スカウトメールを送る企業側は即戦力となる人を求めているため、他社の転職サイトなどの比べると高収入の求人が多いです。

・自分でヘッドハンターを選べる
転職エージェントの場合は、担当者は転職エージェント側が決めますが、BIZ REACHの場合、自分でヘッドハンターを選べます。ヘッドハンターを検索して相談することも可能です。

デメリット

・求職者側に費用が発生する
他社の転職サービスとは異なり、全てのサービスを利用するためには有料会員になる必要があります。まずは無料で登録することもできるため、気になる場合は、まず無料会員からスタートするといいでしょう。

・20代や未経験者向けの求人が少ない
管理職や役員向けの求人が中心のため、20代や未経験者向けの求人は少ないです。そのため登録してもスカウトがこない可能性が高いため、別のサービスを利用した方がいいでしょう。

まずはレバテックキャリアに登録してみよう!


レバテックキャリアは、たくさんある転職エージェントの中でも、 IT・WEB業界に特化し、求人数も豊富です。また転職者のためにサポートも充実しています。今後もIT・WEB業界でのキャリアを積み上げていきたいと考えていなら、まずはまずはレバテックキャリアに登録することをおすすめします。